復興緊急保証と復興特別貸付 - 融資・資金調達 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルタント 代表取締役
東京都
起業・資金調達・事業再生コンサルタント
03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

復興緊急保証と復興特別貸付

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 融資・資金調達
融資について全般

融資での資金繰り改善・資金調達コンサルタントの銀行対策.com の渕本です。

経済産業省が、2011年度の第1次補正予算に組み込む項目を明らかにしたとの報道がありました。

報道機関によって、少し情報が違うのですが・・・

次のようなものであると思われます。

「復興緊急保証」~民間金融機関の中小企業向け融資

・信用保証協会の全額保証

・保証限度額を2億8000万円から5億6000万円に引き上げ

*一部報道では、「緊急保証制度」との併用が可能で、倍になるとのこと

従来、無担保保証の限度額は、8000万円でしたので、これも1億6000万円となることが予想されます。

しかしながら、今後、どのようになるか?は、まだ不透明ですので、注視していく必要がありますね。

「復興特別貸付」~政府系金融機関(日本政策金融公庫、商工中金)

・金利の引き下げ(現行 0.85%~1.35%)

・貸付限度額(現行 1億5000万円)、据え置き期間(現行 2年以内)の大幅拡充

対象は、震災の直接被害を受けた企業のほか、風評被害や計画停電などで間接被害を受けた企業になるようです。

ご注意していただきたことは・・・

・まだ、決定事項ではないこと

・これらの融資支援が可能となっても、融資額は、個別企業の事情によるということ

です。

融資必要額は、資金繰り表などを作成して、把握する必要があるのは、変わりませんよ。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
株式会社FPコンサルタント 代表取締役

豊富な融資審査経験を有する資金繰りコンサルタントです!

元銀行融資審査役職者の資金繰り改善・銀行取引対策コンサルタント。起業段階から上場企業まで、豊富な融資審査経験あり。返済猶予(リスケ)による事業再生、債権回収業務も担当。中小企業の資金繰り支援で、より実践的なコンサルティングをしています。

03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「融資について全般」のコラム

このコラムに類似したコラム

公庫がリスケ(返済猶予)に難色を示しているのですが・・・ 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2012/03/21 12:26)

資金繰り表の運用上の留意点①~更新頻度 榎並 慶浩 - 税理士(2013/12/11 13:28)

10月7日〜10月13日に投稿したなう 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2013/10/14 12:52)

「資金繰り」の大切さを、改めて。 田中 紳詞 - 経営コンサルタント/ITコンサルタント(2013/09/24 19:40)

資金繰り・融資取引コンサルタントは、本日より通常業務です。 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2013/08/16 09:08)