住宅ローン借りるための3つの保険 - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

久野 博
株式会社 藤建企画 
不動産業

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン借りるための3つの保険

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

あまり知られていませんが住宅ローンを組むときに

入らなければならない3つの保険があります。

この保険に入らないと住宅ローンの借り入れが出来ないのです

ひとつは火災保険

これは購入された物件を銀行は担保として取るため

担保物件がなくなると銀行は困るのです。

なにか有ったときは火災保険で物件を直してもらいますよ

担保価値のある状態に戻してくださいよ。

この火災保険とは別に地震保険があります。

地震保険はローンを組む時に義務づけされていません。

今までは入らない人が大半でした。

なぜなら地震保険は高いからです。

住宅ローンを組む際、地震保険は入っても入らなくても

良いのですが地震保険は単独で入ることはできません。

地震保険は火災保険とセットになっています。

火災保険では地震、噴火、津波による火災損害は

補償されませんが、地震保険に加入していれば

地震、噴火、津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失

による損害が補償されます。

今回のこともあり、これから地震保険に加入する人が増えるかと思います。

  

保証保険

 この保険料が結構かかるのです。

この保険に入ることにより昔でいう連帯保証人が

いらなくなるのです。

1000万円を35年借りますと

その保証料は約206,000円

3000万円借りますとその3倍ということなります。

この保険は何かというと毎月の支払いが出来なくなったときに

借りた人に代わって保証会社が銀行に支払うというものです

これでチャラになるということではなくて

貴方の債権者が銀行に代わって

保証会社に変わるだけなのです。

これにより銀行が守られています。

あくまでも貸した銀行の保全です。

 

そしてもうひとつの保険が団体生命保険

万が一のことがあった場合に残された人に

借金が残らずに物件を手に入れることが出来ます

ローンの残りの金額を生命保険から支払うのです。

借りた金額の分の生命保険に入ったのと

同じことになります。

この生命保険に入るには身体が健康でないと入れません。

過去に大きな病気をしたり、入院したり、通院している人は

チェックを受けます。

住宅ローンを借りる場合は身体が健康なうちに

住宅ローンを組んでおかないと。

身体が担保、資本です。

この費用は毎月のローン返済額に含まれています

この3つの保険に入ることにより

銀行は、どう転んでも自分たちには痛みが来ない様な

仕組みになっています。

なのになのに

銀行は、そうたやすくは貸してはくれません。

借りられる人と借りられない人の差が出てきます。

 

不動産お探しのお知り合いの方がいましたら

教えてあげてください。

不動産仲介手数料無料サイト

このコラムに類似したコラム

鬼が笑うかもしれません。今年と来年これだけ違う。 久野 博 - 不動産業(2011/10/02 14:07)

住宅ローンや借入金返済にお困りの方の相談窓口です。 伊藤 光記 - 不動産コンサルタント(2011/09/28 17:21)

不動産仲介の役割2 畑中 学 - 不動産コンサルタント(2010/11/23 16:12)

物件探しをする前に! 久野 博 - 不動産業(2010/10/24 17:37)

任意売却ってなんですか? 山田 大史 - 代表サポーター(2016/08/02 10:35)