がんばろう日本!災害時に心身の健康を維持・向上する方法(10) - 疲れやすさ - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

がんばろう日本!災害時に心身の健康を維持・向上する方法(10)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 疲れやすさ

(続き)・・一般国民の多くが震災後に陥っている不安定な心理状態を打開するポイントの一つとして、震災関連の様々な情報に過度に惑わされず、「本来行なうべきこと」や「自分が得意としていること」に今こそ集中して取り組むことが挙げられます。現在のような激動期には、何とか情報を入手して難局を乗り切りたい、また被災者のために何とか役に立ちたい、などと願いがちですが、その気持ちが強過ぎると前述のような不安定な心理状態に陥り、考え方や行動がどうしても空回りしてしまうのです。

 

すなわちテレビなどで盛んに情報を集め、被災者の心情に思いを馳せることは確かに大事な作業ですが、それが度を過ぎると上述のように心理的なストレスとなり、健全な行動がかえって取れなくなってしまいます。そこでテレビを見るなど情報収集のための時間は必要最小限に留め、むしろ自身の仕事や活動に改めて目を向け、その中に少しでも被災地の役に立つ要素がないかどうか、今一度検証してみるのはどうでしょうか。たとえ些細な事であっても支援につながる要素はあるものです。

 

実際に仕事や得意分野、趣味などを活かした行動によって、被災地や被災者への支援になることが少なくありません。例えば人脈を活かして募金活動をする、趣味の千羽鶴を折って被災地へ届ける、得意の楽器演奏をビデオ収録して被災地へ届ける、看護師として避難所へボランティアに赴く、などの活動です。また今すぐこのような積極的な活動ができない場合でも、それを行なう仲間を側面から支援する、あるいは将来自分が行なうための計画を立てる、なども立派な支援活動に入ります。

 

企業レベルでも、商店や事務所を閉鎖もしくは縮小営業したり、各種イベントを中止したりする動きが目立ちますが、過剰な活動やバカ騒ぎは論外としても、必要以上のビジネスの萎縮は、従業員はもとより社会全体に対してネガティブな心理状態をもたらします。つまりビジネス自体が「被災」してしまった状態といえます。確かに被災者のことを考えると商売やイベントどころではない、などと考えがちですが、そのように過度に縮小した考え方が、果たして被災者や復興のためになっているでしょうか。

 

むしろこの様な状況では敢えてお店を開き、イベントを開催することが結果的に被災地への支援になり、復興を後押しするのだ、と考えるべきです。実際に選抜高校野球が予定通りの日程で開催されたことは、被災地はもとより日本中の大きな励みになりました。発災直後でも、自家発電で営業を敢行したお店や事務所は、消費者や住民に利便だけでなく安心感と存在感を与えたものです。要するに一大事の時であっても、「いつも通り」の姿勢で営業やビジネスを続けることがとても重要なのです。

 

とはいえビジネスに於いては一定のバランスも大切です。計画停電が終了した後も厳しい節電への要請があるため、店舗内の照明を暗くするなどの節度は必要です。また社会全体に被災地への遠慮や自粛ムードがあるのも確かです。そこで顧客への節電への協力を呼びかける、売り上げの一部を被災地への義援金に充てる、などの配慮は欠かせません。本来のビジネス行為をいつも通り行ないつつ、同時に被災者への配慮や支援も忘れない、といったバランス感覚が求められているのです・・(続く)

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

心の健康を作るのは 大田 亜侑 - マインドブロックバスターインストラクター(2015/05/03 22:01)

いいシゴトをしたい人へ。ビジネス・コンディショニング 傳川 紀子 - ヨガインストラクター(2013/09/25 17:00)

身に着ける色でラッキーを 清水 ヒロミ - メンタルヘルスコンサルタント(2013/03/20 18:52)