日経記事;フェイスブック,データセンターの仕様公開に関する考察 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;フェイスブック,データセンターの仕様公開に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
情報・知識 ビジネス雑感

皆様、
こんにちは。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

4月9日付の日経新聞に、『米フェイスブック、サーバー・データセンターの仕様公開』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関して考えを述べます。
記事の主な内容は以下の通りです。

『交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは7日、独自に設計したサーバーやデータセンターの仕様を公開すると発表した。インターネット経由で情報システムを使うクラウドコンピューティングの普及により、データセンターとサーバーの需要が高まっている。設計公開によってクラウド関連インフラコストの低減を促す。

同社のクラウドに関する設計がSNSをはじめとするネットサービスのインフラに普及すればデータセンターに使う機器のコスト低減につながりそうだ。一方で、サーバーバーなど機器メーカーは価格競争に直面することになる。

米グーグルなど大手ネット企業はデータセンターに使う独自仕様のサーバーなどを設計。競争力に直結する分野のため詳細は非公開とするのが一般的だ。フェイスブックは従来はデータセンターを賃借していたが、事業拡大に対応して米オレゴン州に初の独自拠点を開設。ここのサーバーなどの「設計図」をウェブ(http://opencompute.org/)で公開した。

ソフト開発では設計図を公開する「オープンソース」で技術革新を速める取り組みが普及しており、この考え方をサーバーなどにも導入した。

同日の記者会見でマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は「今回の取り組みで他社のインフラ構築を手伝うことができ、独自仕様のサーバーも需要が増えれば価格が下がる」などネット企業や利用者の利便性につながる点を強調した。

サーバーやデータセンターの機能を独自に高めることで差異化を進めてきた企業は今後、戦略の見直しを迫られる可能性もある。

サーバーなど機器メーカーにとってはクラウド専用サーバーの製品仕様が決めやすくなるメリットはあるものの同じ仕様での競争になるため、メーカー間の価格競争は激しくなる。』


インターネットは既に社会のプラットフォームになっており、電気、ガス、水道などと同じようにライフラインの一つになっています。

行政や企業の重要なデータ・情報を自らのサーバーやパソコンで保管・管理せずにクラウド、即ち第三者のデータセンターにおいて当該業務を行うニーズは今後飛躍的に増えると予測しています。

今回の大震災では行政や企業が、自らのサーバーやパソコンで保管・管理していたデータ・情報を失いました。
クラウドを利用すれば、自社オフィスが津波や火災などで失われてもデータ・情報はクラウド内にありますので、ネットがつながった環境であればパソコンを使って直ぐに事業を再開できます。

クラウド;データセンターは、今後ますます重要になってきます。

今回、フェイスブックは極めてユニークな取り組みを始めます。自社が作るデータセンターの設計図を公開し、第三者の力を借りながらデータセンターの技術革新を図って行こうとしています。

賛同する個人・企業が増え多くの提案が計画・実行されれば、業界標準的なデータセンターが設計・構築されることになります。当然、セキュリティの強化も図られることになります。

現在のデータセンターは、事業者ごとにハードウエア・ソフトウエアを設計して付加価値を付けて事業が行われています。

フェースブックが提唱するやり方が増えて効果が出て来ますと、多くのクラウド事業者が採用し業界標準化します。

ユーザーにとっては、一定の品質を保証され、かつ、低コストでクラウドを活用できるようになりますので、更にクラウド市場が拡大する事になります。

クラウド事業者は、データセンター提供のやり方に工夫を行って差異化をしなければ勝ち残れない時代が来ることになります。
業者間の競争はより良いクラウドサービスの提供につながります。

今回のフェースブックのやり方はクラウド事業を大きく変えて発展させる可能性があり、今後の展開に期待します。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム

このコラムに類似したコラム

インターネットビジネスのスピード感 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/12/12 10:00)

インターネットビジネスの二つの道 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/10/04 10:54)

ビジネスにおけるインターネット活用で欠かせないこと 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/02/16 15:14)

IT業界未経験者がインターネットビジネスによる起業をする場合 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/01/14 10:44)

ITベンダーとユーザー企業の関係 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/10/29 10:07)