鉄とコンクリートの幸せな関係 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

奥山 裕生
奥山裕生設計事務所 主宰
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

鉄とコンクリートの幸せな関係

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
コラム

鉄筋コンクリート・・・

なぜ、鉄とコンクリートという組み合わせなのでしょうか?

鉄じゃなくて、ステンレスやアルミじゃダメなのでしょうか?

 

その理由は、材料の「線膨張率」と関係しているからです。

「線膨張率」とは、「温度の上昇に対応して長さが変化する割合」のことを言います。

 

鉄とコンクリートは、奇跡的に、この線膨張率が同じ値なのです。

もし、アルミとコンクリートの組み合わせだとしたら、

温度の上昇に伴い、部材は破壊してしまうことでしょう。

 

しかし、鉄とコンクリートの組み合わせなら、温度変化にも対応することが出来ます。

 

さらに、鉄は引張り力をコンクリートは圧縮力を負担するという相性の良さもあります。

さらに、さらに、コンクリートは、自身が持つアルカリ性で鉄筋を

錆(酸化)から守るという役割も果たしています。

 

鉄とコンクリートの奇跡的な出会いがなければ、

近代建築は生まれなかったかもしれません。

このコラムに類似したコラム

 ■版築壁研究・・・日本建築学会で発表へ 遠野 未来 - 建築家(2012/03/13 20:33)

ホワイトウッドは建築には使えないのか? 福味 健治 - 建築家(2011/12/16 08:22)

「住宅ができるまで」14-仕上工事 廣部 剛司 - 建築家(2010/12/09 15:00)

建築カメラマンの写真 松永 隆文 - 建築家(2016/08/23 09:39)

現場は暑い! 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/11 04:00)