台風に注意しましょう! - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

仲吉 厚志
一級建築士事務所シンクロ設計 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

台風に注意しましょう!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
台風
近年、温暖化の影響で気候が変化している事を感じる事が多くなりました。
東京(本州)も亜熱帯化しているのか、今後は台風の影響を考えないといけなくなりそうです。

現在、大型の台風9号が関東地方に接近しています。
沖縄県と違い、本州の住宅は台風に対する準備があまり出来ていないように感じますので、出来るかぎりの台風対策が望まれます。

雨戸を閉め施錠する事はもちろんですが、庭に飛散しそうなものがあれば、今のうちに結束し固定しましょう。
気密性の薄いサッシが付いている場合は風に伴う雨水の流入が心配されますが、
一番怖いのは風に飛ばされてきたものが建具を破壊する事です。
東南方向から風は吹いてきますので、その方向は特に風の影響を受けます。
この面の窓は注意が必要です。

地下室のある住宅は違う意味で注意が必要です。
地盤面より深い床面(空掘り)などがある場合は、排水溝を清掃して集中豪雨に備えましょう。
また、地下ピットにポンプがある住宅などはポンプが機能しているか確認が必要です。

心配すればきりはないのですが、風が弱いうちにとれる対策を行いましょう。

写真は去年、沖縄の台風で被害があった住宅の写真です。
1 東側の屋根の被害。
2 飛来物

「台風の対策」に関するまとめ

  • あなたの家は大丈夫?台風がきても慌てない対策まとめ

    突然ですが、あなたの家は台風の対策はできてますか?近年、ゲリラ豪雨や大型の台風で家が壊れたり、自宅に帰れないなんて話が増えてますね。台風の対策をしたいけど、どこから手をつければよいか分からない…そもそも、何をしていいか分からないといった方にはおススメです。