必要な自粛、行き過ぎの自粛 - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

必要な自粛、行き過ぎの自粛

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え

  震災が原因で3月の売り上げが落ち込んだという話を、いろいろな会社でうかがいます。直接的な被害を受けた会社や、取引先が被災企業という会社はもちろんでしょうが、計画停電の影響で社員の出勤がままならなかったり、工場のラインやコンピュータシステム、その他設備が正常に動かせなかったり、予定していた事が延期や中止になったり、つい先日のニュースでは、西日本の鉄道で電車の部品調達が滞り、列車本数を間引かざるを得なくなったという話を聞きました。本当に様々な理由、思いがけないところのつながりで影響が出ています。

  私の関わりがある範囲では、採用活動や予定していた社内研修が、先延ばしになったり中止になったりということを聞きます。これも今の状況ではやむを得ないでしょう。

 

  とはいえ、震災から3週間以上がたち、戻せるものは戻していかなければならない時期に入りつつあるとも思います。地震直後から2週間ほどは、私自身もそれこそ完全な自粛モードだったのですが、ここ最近それではいけないのではないかと思い始めました。大きな被害を受けていない地域では、日常的な経済活動はできるだけいつものように行って、価値を産み出していかないと結局被災地のためにもならないのではないかと思うのです。

  品物やエネルギーの節約、倹約は必要ですが、例えば歓送迎会などの行事や式典、お花見などを「自粛」と称してやめてしまうことで、多くの事業活動の場が失われてしまいます。

 

  私も犠牲になった方々を思う気持ちは人一倍持っているつもりです。喪に服して何もしないことが多くの人のためになるならそのようにし続けますが、たぶんそうではないし、もう動き出してもよい時期ではないかと思います。

  本当に必要な自粛が何かを、そろそろ考え始める時ではないでしょうか。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

このコラムに類似したコラム

なぜパワハラが増えているのだろうか・・・ 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2012/03/05 06:00)

被災地ではない地域での震災メンタルヘルスケア 悠木 そのま - ブランドコンサルタント(2011/04/08 00:24)

東日本大震災: 雇用調整助成金の活用 岡本 道大 - 社会保険労務士(2011/03/29 11:54)

会社のファンがいる素晴らしさ 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2011/03/07 00:00)