模型のチカラ - 住宅模型 - 専門家プロファイル

嶋崎 眞二
なづな工房一級建築士事務所 主宰
兵庫県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

模型のチカラ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅模型

 

これから作っていくものだから

施主にとって

部分は参考にできても

全容は、出来上がるまで

掴みにくいのが家づくりだ。


だから

自らの検証・確認とともに

いろんな表現でそれを伝えようとする。

平面図で、立面図で、パースで・・。

そして何より大事しているのが

模型表現だ。



基本計画では 1/100スケールでの検討。

いくつかのプランを検討するたびに制作する。

敷地に対するバランス。

建物のフォルム。

制作過程では、切り取ったり貼り付けたり

大胆に加工していく。



基本計画がまとまると

1/50スケールの模型の製作をする。

倍のスケールになると

内部の雰囲気がわかるようになる。

家具や庭などをリアルに作っていくと

建物内での人の動きがイメージできるようになる。

目線を下げて覗き込んだり

屋根を取って、床を取って

上から眺めたりしながら、建物を体感してもらう。

また、実施設計に移行する上での

納まりや注意しなければならないポイントも見えてくる。



現在K邸の1/50模型を製作中だ。

テーブルはパーツや破片でいっぱいになる。

壁を立ち上げ家具を仕込み、3階を目指している。



さあ、もう一息だ。