日経記事;『光回線接続料下げ幅,NTT申請通り認可』に関する考察 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;『光回線接続料下げ幅,NTT申請通り認可』に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
情報・知識 ビジネス雑感

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

2月29日付の日経新聞に、『光回線接続料下げ幅、NTT申請通り認可へ 総務省』のタイトルで記事が掲載されました。

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『NTTが他社に光回線を貸し出す際の接続料の改定を巡り、総務省の情報通信行政・郵政行政審議会(総務相の諮問機関)は28日、NTT東西が申請した値下げ案をそのまま答申する方針を固めた。

ソフトバンクが求めていた光ファイバーを現行の1芯分(8回線)ではなく、1回線から貸し出す案については「東日本大震災の影響で検討する時間がない」として採用を見送った。2012年3月までに改めて採否を決める。

片山善博総務相が29日にも新しい接続料を認可する。NTT東の接続料は現在、月額4610円。これを段階的に引き下げ、13年度には現行より27%安い3380円にする。

NTT西も13年度に31%引き下げ、3426円にする。

実際の光サービス利用者が当初の見込みより少ない場合には、次年度の接続料を見直す措置を盛り込んでおり、27~31%の下げ幅が実現するかは不透明だ。。。』


大地震後の再建策の中に、IT・インターネットの徹底的活用により電子化・クラウド活用を促進し、より低コストで効率的な仕組みを再構築しようと、3月24日のブログ・コラムで書きました。

通信コストの低コスト化も、IT・インターネット活用には不可欠な条件です。
業務用途或いは個人用途で、ネット回線を通じでデータセンターに置かれたデータや情報にアクセスして各種作業をしますので、その間ネット回線はつながれたままになっています。

現在、国内ではほぼ問題なくブロードバンド回線が安定して使えるようになっており、残された課題は通信コストの低下です。

昨年来、NTTは光回線接続料を下げる方針を打ち出しており、国内ニーズにマッチした施策として歓迎していました。
NTTは、政府の光回線普及促進や競合他社への光回線開放などの圧力に合せて光回線接続料引き下げ方針を打ち出してきました。

背景は何であれ、NTT東西が光回線接続料引き下げを実施することになったのは喜ばしいことです。
更なる値下げか、通信コストの内容開示を求めます。

通信インフラは、国の重要なライフラインの一つです。
このライフラインを特定業者のみが独占し、公平な競争がないのはサービスの質、向上に貢献しません。
競争がサービスの質、向上に貢献すると信じています。

少なくとも、通信コストの内容を開示し、国民目線で見て合理的な料金設定になっているかどうか判断できるようにすることが重要です。
それが出来ないなら、NTTは独占している回線を開放すべきです。

本日の記事によると、「実際の光サービス利用者が当初の見込みより少ない場合には、次年度の接続料を見直す措置を盛り込んでおり、27~31%の下げ幅が実現するかは不透明だ。」と書かれています。

ニワトリが先かタマゴが先か的な議論になりますが、NTTが現在と同じように独占的な立場を維持するなら、はいったん下げた料金を再び上げるべきではなく、さらに下げる努力をして全国民が低料金で光回線を使用できる環境を整える責務があります。

大震災後は、今までのやり方を是とせず、見直してより低コストで、高効率化した社会や企業の仕組みを作りだす必要があります。

NTTが更なる光回線接続料引き下げの努力を継続することを期待します。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム

このコラムに類似したコラム

日経記事;変わる日常 選択/分散企業の視線,地方都市に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/05/05 11:18)

ITコストはますます下がる 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/05/09 10:42)

IT活用のインフラや運用管理のスキルを高める 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/10/28 10:05)

Yahoo! ショッピング出店時の手数料無料化の影響 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/10/10 10:47)

インターネットビジネスについて語るならば 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/09/26 08:52)