広告としての「ホームページ」 - ホームページの保守・運用 - 専門家プロファイル

奥村 博
株式会社アクシー Chief System Engineer & Designer
大阪府
Webデザイナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

広告としての「ホームページ」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページの保守・運用
ホームページ制作について

 

お店や商品・サービスの宣伝をする為に様々な広告媒体があります。
テレビ・ラジオや新聞・雑誌、折り込みチラシにポスティング、テレアポイントメント等。そして現在では、ホームページもその広告媒体の一つとして注目されています。
今回は、広告としての「ホームページ」とその他の媒体について考えてみたいと思います。

何のための「広告」ですか?

ホームページ制作のご相談の中に、「ホームページを作って宣伝したい!」という事例があります。最近では、テレビやラジオ、新聞や雑誌にもホームページのアドレスが氾濫し、「ネットで検索!」という言葉も頻繁に見聞きするようになりました。その事からも、ホームページは重要な広告媒体となっているのです。そこで、ホームページを作成して広告として使いたいというニーズが生まれるのはごく普通の考えですね。

キャンペーン広告での活用

ホームページを作って決算月のキャンペーンの告知をしたい!その場限りのホームページを作る事例も多々あります。その場合は、その瞬間、いかに効果を得られるかという事になります。しかし、実際はホームページを開設して、ネット上でそれが周知されるまではある程度時間が必要です。ですから、キャンペーン用のホームページを作成して告知をしても、実際にその効果を瞬発的に得ることは難しいと言わざるを得ません。ホームページは閲覧者が検索した結果、そのページに辿り着く仕組みです。テレビ広告やチラシのように、広告が一方的に届くプロセスではありません。では、そうゆう事例でホームページを活用する手段はないのか?と言われれば、全くその逆で、従来の広告媒体とうまくリンクすることで、効果は倍増されます。テレビで目にする「○○で検索!」的な広告は、テレビ広告の瞬発力でホームページへ誘導し、より多くの情報を掲載しているホームページで宣伝する事により、より大きな効果を得ようとしている訳です。

持続的な広告として

では、必要な時にだけホームページを開設すればよいのでしょうか?宣伝したい時だけホームページを開設するという行為は大変無駄が多いと言わざるを得ません。閲覧者が検索した結果、ホームページに辿り着く仕組みは、ホームページを開設した瞬間から構築される訳ではなく、ホームページを開設して、そのホームページが安定して運営される程、効果が発揮されます。例えば、歯の治療をしたいと思った時、閲覧者は、歯医者のホームページを検索するでしょう。そして、いくつかのホームページを閲覧して、治療してもらう歯医者を選択する訳です。もし、同じ様な条件の歯医者がいくつか見つかったら、何を基準に選択するでしょうか?その時に、しっかりとしたホームページが存在するかどうかは、選択の基準とならない訳がありませんよね。ましてや、その時点でホームページが存在しなければ選択の余地すら与えてもらえない可能性があります。

瞬発的な誘導

テレビやラジオ広告、雑誌や新聞、折り込みチラシなどは瞬発的な広告媒体と言えます。一時的にはその効果が得られますが、その瞬間が過ぎれば、繰り返し広告を入れなれければ、それ以上の効果は生まれません。広告宣伝費に対して潤滑な予算が取れるような場合は、非常に効果が期待できますが、低コストで宣伝行為を行いたい場合は、瞬発的な誘導に期待するのは非常にリスクが高いと思います。

ネットでの瞬発的な誘導

最近では、TwitterやFacebookなどソーシャルネットワーキングが流行っています。それらを利用した宣伝の手法も考えられ、数多く存在しています。これらの広告は、どちらかというと、折り込みチラシやテレビ広告のように瞬発的な誘導の効果が期待できます。しかし、あまり多くの情報を盛り込むことが難しいため、ホームページとの連動が一般的です。

広告の基盤をホームページで

ホームページを広告の基盤とし、他の広告媒体とうまく連動すれば、より大きな効果が期待できる事がお分かり頂けたのではないでしょうか。ホームページは開設したばかりでは、その効果をはかることが難しいですが、徐々に効果が現れる媒体です。スマートフォンやタブレットPCの普及もあり、ネット人口は今後もますます増えることが予想されます。そして、必要に応じて、瞬発的な誘導でキャンペーンの告知を行えば、ホームページの費用対効果は、非常に素晴らしいと言えるでしょう。

保守・運用管理が大切

広告としてホームページを活用する為には、必要に応じてページの更新を行ったり、キャンペーンの告知やそれを誘導するための策略を行う必要がある訳です。私たちアクシーメディアステーションでは、ホームページ制作会社として、ホームページを作成していますが、保守・運用管理が大切という観点から、運用管理を低コストでご提供し、大変ご好評を得ております。そして、その効果を最大限に生み出せる事を目標としています。作りっぱなしのホームページでは決して効果が生まれない。広告としての「ホームページ」を活用して頂けるサービスをご提供しています。

アクシーメディアステーションでは、ホームページ制作やリニューアルのご相談・ご依頼をお待ち致しております。

 

このコラムに類似したコラム

ホームページから伝わる印象 奥村 博 - Webデザイナー(2011/01/31 20:02)

ホームページ開設の目的「ブランド力アップについて」 奥村 博 - Webデザイナー(2010/12/11 13:49)

【動画マーケティングの効果】東京・成城ねっとTV 児島 康孝 - 動画マーケティングコンサルタント(2015/07/27 07:36)

あなたのサイトを筋肉質に!グルコムの集客・コンサルサービス 武本 之近 - Webプロデューサー(2014/01/17 10:52)