借金のススメ2 〜EMPメルマガバックナンバー〜 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借金のススメ2 〜EMPメルマガバックナンバー〜

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
投資全般
《1からの続きです…》

(今週号の『週刊エコノミスト』の
「下期マーケット全予測」という記事。
日本株を予想したエコノミスト7人中2人が
秋口までに一時的に下落があると予想していますが、
7人全員が年末に向かって「上昇」という予測をしています。)


※このメルマガを書いている最中に、
「(8月)9日のニューヨーク株式市場が今年2番目の下げ幅を記録」
とのニュースが入ってきました。

日経平均も
本日(07'8/10)400円以上の大幅下落を記録。

欧米市場も日本市場も
しばらくは大幅な調整が続くかもしれません。
少数派の意見が当たった?


強気派弱気派ともに見方が一致しているのは

「日本では10年後に必ず
 インフレと資産高騰が起こっている」

という予測。

理由は(このメルマガでも何度も書いていますが)
日本の抱える
国債と年金の問題にあります。

インフレによって貨幣価値を下落させ
借金の負担を軽くする。
一種の徳政令、合法的借金棒引き策です。

日本経済がこの方向に向かっていくことは
ほぼ間違いないようですから、
今後は
それに備える資産運用を考えなくてはなりません。
《3につづく…》



※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP