今後のマーケット動向と対策の考え方!ーその1 - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今後のマーケット動向と対策の考え方!ーその1

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ

今回の震災を受けて、「自分に何ができるか」は、人それぞれの立場や環境によって、違ってくると思います。

そんな中、わたし自身ができることのひとつは、やはり自分の専門としている分野で、
社会、そして皆さんに情報発信していくことではないかと、改めて考えました。

震災の影響で、日本を取り巻くマーケットは、大きく揺れ動いています。


今回は、今後の景気や為替の状況、そして、今考えるべきポイントについて、
お話させて頂きたいと思います。



震災直後から、マーケットは大きく変動しました。

日経平均株価は、2日連続で大きく下げ、一時は8000円台をつけ、
その後徐々にですが、値を戻している状況です。

震災もさることながら、原発のリスクも大きく取りざたされ、
日本経済へのダメージの大きさが、株価へも影響していると言えます。

事実、日本の信用リスクが低下したことによって、
CDS(クレジットデフォルトスワップ)の保証料も一気に上昇しました。
(特に上昇したのは言うまでもなく東電でした・・・)

一方、大幅に高くなったのが、「円」です。

何と、1995年4月に付けた最高値「79円75銭」をあっさり抜き去り、
一時海外では「76円25銭」まで値を飛ばしました。

本来であれば、日本の経済へのダメージが大きければ、
株価と同じく、「円安」に振れると言うのが、
昔の“定説”でしたが(少なくとも、私が学校で習ってきた経済学では)、
逆に「円」に買いが入っています。

この要因はいくつか言われていますが、マーケットの動きとしては、
今まで外貨にシフトしてきた企業の資金や個人の投資マネーが、
国内の資金需要を受けて、日本の国内に還流するというものです。

実際に、現時点ではそのような顕著な動きがあるわけではありませんが、
マーケットは“先読み”をしますので、その予測に、
「投機マネー」が一斉に動いたというのが、実態ではないかと思います。

一説には、復興に向けての日本の取組みを見て、

「将来必ず再起する確信を持った外国人の買いも入っているのでは・・・」

という論調もありました。

その“想い”は強く受け取めたいところではありますが、
現実の「お金の動き」はもっと冷淡なものだと思います。

それは、このあと津波のように押し寄せてくる「円売り」が現実になった時に、
はっきりしてくるかもしれません。

いずれにしても、実体経済をはるかに上回る「投機マネー」が、
この日本の災害に対して、目ざとく反応しているのです。

特に、短期的にバイアスをかけて、投資(投機)をしている人にとっては、
この株価や為替の大幅な動き(ボラティリティ)は、
ピンチでもあり、チャンスともなるからです。


しかしながら、中長期で「海外分散投資」を提唱している私にとっては、
その取るべきスタンスは、全く違うものです。

正直、このところの何度となくおとずれる“想定外”の出来事に対処するために、
私は「海外分散投資」を提唱しているからです。

私自身の「資産運用」に関していえば、今回の出来事があったからといって、
何か慌てふためいて行ったようなことは、何一つありません。

敢えていえば、仕事において、「日経平均」が大幅に下がったことで 
売りのアドバイスが出たファンドがあったので、それについて早急に
スイッチのご提案をしたということでしょうか。

しかし、分散比率は、わずかであるため、
「ポートフォリオ」のパフォーマンスに大きな影響を与えるものではありません。


私がここで申し上げたいのは、震災を起因とする「市場の目先の動き」と、
これから訪れる「日本の将来の問題」とは明確に分けて考えるべきであるということです。

今回の大震災、そしていまだ解決しない原発問題は、
日本の経済や景気にとっても、かなりの大きな打撃であることは間違いありません。

広域に渡る災害だったため、復興するまでには、相当数の時間もかかるでしょう。


復興段階に入れば、政府の資金や民間の資金が回りだすため、
“景気循環”は良くなると予測するエコノミストもいますが、問題は、その“原資”です。

ただでさえ、財政問題が取りざたされている日本の財政事情を考えると、
この復興費用を捻出することは、そうたやすいことではありません。

間違いなく、増税が早い時期に(前倒し)でやってくることでしょう。

「復興」という大義名分が、政府を強く動かすと思われます。

そして、増税により、世界からみた日本の“評価”は上がります。

それによって、株価は若干戻していく可能性はありますが、
為替はそう単純ではないと考えています。

為替については、特に関心が高い方が多いので、ここでは、
想定できるシナリオを考えてみたいと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

個人マネー、投信、そして外貨へ! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/04/22 21:26)

中立的なアドバイザーによる 投資の基礎知識とETFの活用による国際分散投資セミナー 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/04/12 16:09)

資産運用における長期投資のメリットは複利にある 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/03/12 10:00)

シニアの資産運用は国際分散投資がお勧め 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/03 17:21)

トータルリターンで選ぶ投資信託 入門編セミナー 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/11/27 17:00)