「放射線値と距離の関係」 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

清水 康弘
株式会社参創ハウテック 代表取締役社長
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「放射線値と距離の関係」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
家づくり

 先日は静岡県富士宮市で震度6強の地震がありました。
 つくり手の会の仲間、建築工房わたなべさんの事務所が少し離れた富士市にあり、心配していましたが、翌朝連絡が取れ無事を確認できました。
 無事を確認できたどころか、とても元気な様子でデカイ声、髭の渡邉さん、さすがです!一緒に頑張りましょう!

 さて、福島第一原子力発電所の話題です。

 すでに報道等でご存じの通り、東日本大地震で被災した福島第一原子力発電所の施設内から放射線が漏れ、風に乗り首都圏への飛散も確認されています。

 弊社へも様々な情報が寄せられていますが、親切心で助言や情報提供をして戴いていることには感謝しますが・・・。
 このような時こそ流言飛語やデマに惑わされパニックを起こさないためにも、まず事実をしっかり認識することが重要です。

 日経新聞の朝刊にも距離と放射線量の関係の公式が載っていました。
 単純にいいますと、飛散する放射線量は距離の2乗に反比例するという公式です。
 風速や風向きなどによっても異なるのでしょうが、自分なりにしっかりロジカルに把握する必要があります。

 今、首都圏ではガソリンが買えない、トイレットペーパーがない、レトルト食品やカップ麺が無い、などミニパニックが起きています。
 東北地方の被災地のことを考えると、もっと冷静に行動したいものですね。

 また、合板メーカー、サッシメーカー、断熱材メーカーの工場も被災しているようです。
 まだまだ緊張感が去らない状況ですが、皆様もがんばりましょうね。

このコラムに類似したコラム

断熱材はどうなったのか。。。 信戸 昌宏 - 建築家(2011/07/08 12:00)

断熱材不足 信戸 昌宏 - 建築家(2011/02/02 12:00)

「ウィスキーの醸成と人の醸成」 清水 康弘 - 工務店(2013/07/16 14:33)

今後の気候変動について大切な情報です 八納 啓造 - 建築家(2013/03/19 21:20)

「理屈は正しいか?」 清水 康弘 - 工務店(2013/02/18 10:17)