耐震診断・改修工事のススメ - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐震診断・改修工事のススメ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
リフォームのススメ

平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震で、皆様の家屋は大丈夫でしょうか。

家の傾きを感じたり外壁や屋根に破損箇所があった場合は、行政の建築指導課や建築士などの専門家にご相談されることをお勧めいたします。

住宅の耐震性に不安を感じておられる方も、耐震診断耐震改修工事を補助制度などを上手く活用されるのも大切だと感じます。(画像は現在進行中のリフォーム)

住宅全体を耐震改修するのが大変な場合は、就寝時のお部屋のみをシェルター状に補強する方法もあります。

屋根の重い瓦を軽量化することも住宅の倒壊防止対策の一つです。

東北地方の方は特に大変な想いをされておられますが、その他の地域の方も余震が続いておりますので2次災害にお気をつけください。

地震に関する記事を「介護福祉建築家のブログ(http://ameblo.jp/yasuragi-kaigo/)」にも書いておりますので、宜しければご覧下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「リフォームのススメ」のコラム

秋はリフォームシーズン(2012/10/28 16:10)

2010年シェルター計画(2010/01/07 09:01)

このコラムに類似したコラム

熊本地震の被災者支援電話相談に参加しております。 阿部 哲治 - 建築家(2016/05/02 18:38)

やっとここまで来ました。 信戸 昌宏 - 建築家(2014/02/25 12:00)

大規模建築物の耐震診断を義務化・・・・ 青沼 理 - 建築家(2013/01/30 15:21)

あなたの住まいは大丈夫? 富樫 孝幸 - 建築家(2012/08/21 10:00)

リフォーム工事完成 山下 弘治 - 建築家(2011/09/02 10:48)