生命保険の平均的な死亡保障額は? - 保険設計・シミュレーション - 専門家プロファイル

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の平均的な死亡保障額は?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・シミュレーション
知ってお得な情報

 

よくお客様とお話しをしている中で「みんなどのくらいの保険に入っているの?」と訊かれることがあります。

加入している生命保険の死亡保障の平均金額に関するデータがあります。

ただ、生活環境は加入者の方それぞれ違うので、

平均の保障でよいというものではないので、

あなたにぴったりの必要保障を求める必要があります。

必要保障額を知りたい方はご相談ください。

 

=====以下引用文=====

生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によると、

病気により亡くなった際に支払われる生命保険加入金額の平均は

男性で2,043万円、女性で944万円となっています。(普通死亡保障)

性・年齢別でみると、男女とも40歳代で最も高く、

男性で2,815万円、女性で1,089万円となっています。

 

加入保険金額の分布をみると、

男性は「1,000万円以上1,500万円未満」の層が最も多くなっていますが、

次いで「3,000万円以上5,000万円未満」、「2,000万円以上3,000万円未満」となっており、

2,000万円以上に加入している人の割合が約4割となっています。

 

女性は男性に比べると加入額は低めで、5割以上の人が1,000万円未満となっています。

 

http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/provision/14.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(保険アドバイザー)

お客様に有利な保険をご提案することが私の使命です。

保険会社によって、得意分野があるのをご存知でしょうか?医療保険が強い会社もあれば、煙草を吸う方にやさしい会社もあります。そんな保険会社の特徴を活かし、保険会社の強みを活かしたプランニングを得意としています。

カテゴリ 「知ってお得な情報」のコラム

自殺は保険金が出るの?(2012/03/10 10:03)

「生命保険の加入と見直し」に関するまとめ

  • 生命保険の加入・見直しを考えている人におススメな5つのポイント

    就職、結婚、出産、教育、住宅購入などなど年齢を重ねていくごとに大きな出費が増えていきますよね。 家族ができて守るものが増えたとき考えるのが「万一のとき」。そんなときの備えとして生命保険がありますが、 みなさんは保険に入る意味やどの保険がお得なのか考えたことはありますか? ここでは、そんなみなさんの疑問や悩み解決のヒントになる記事をご紹介します!

このコラムに類似したコラム

賢い生命保険の見直し方(その6) 清水 光彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/23 18:30)

生命保障を考える際の手順 栗本 大介 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/16 12:21)

保険会社や保険ショップなどから提案された生命保険を徹底検証! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/07/27 12:00)

就業不能保険は本当に必要か? 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/08 12:06)

「共働き世帯」の生命保険の落とし穴 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/07 07:40)