会社への帰属意識はいかに? - 自己分析・適職診断 - 専門家プロファイル

新垣 覚
全力転職フォーラム 代表
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
竹間 克比佐
竹間 克比佐
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社への帰属意識はいかに?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. 自己分析・適職診断

2011年03月10日

いつもありがとうございます。
全力転職フォーラム 
代表 転職★カチニスト 新垣覚
です。




今回の記事を読んで頂いているあなたは、サラリーマン?



サラリーマンでなければ、今すぐ読むのはストップ!
すみません!  
サラリーマンのあなたへ贈ります。今回は。




あなたは、今の会社、職場に自分の家の様な
安心感、安堵感、愛着はありますか?



あれば、幸いです。



もしかしたら、あなたは天職に生きてるかも!! 




でも。そこでひとつ入れていただきたいフィルターがあります。



それが


「カイシャへの帰属意識」です。



これは良い面と悪い面があることを覚えてて下さい。



帰属意識がうまくいっていると、ものすごい充実感と
実績がついてくる事があります。



この状態はニュートラルにみると『安全地帯』で
他の要素が入りこめない状態です。



簡単に言うと、
『横断歩道を渡ることは横断歩道の無い道路を横断する時と較べて安全』

と、信じきっている状態に似ています。





でも・・・・



ここで冷静に考えないといけないんですね。



帰属意識を満足させているだけなのか?
本当に自分のやりたい仕事をしているのか?



という第三者的見地です。



帰属意識を満足させているだけだとしたら、力をかける
方向性が間違っていませんか?



あなたの満足は、自分自身の人生に対して本物の満足ですか?




所属するものへの帰属意識への満足感は時として大きな
過ちを生みます。


もう一度一緒にゆっくり考えてみましょう!




このコラムに類似したコラム

年齢を重ねたら、気合ではなく、智慧を使おう 竹内 和美 - 研修講師(2012/12/24 11:51)

点と点をつなげるために。 冨永 のむ子 - パーソナルコーチ(2011/09/02 09:53)

ありがとうを伝えたい人は誰ですか? 竹内 和美 - 研修講師(2011/03/21 10:00)

上手くいかないときには、周りを見渡して見る 竹内 和美 - 研修講師(2014/07/13 11:28)