賃貸マンションの更新料訴訟~最高裁の弁論が6月10日に - 賃貸契約・敷金・礼金トラブル - 専門家プロファイル

司法書士 土地家屋調査士 行政書士 前原事務所 
東京都
司法書士 土地家屋調査士 行政書士
03-3386-5430
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

賃貸マンションの更新料訴訟~最高裁の弁論が6月10日に

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 賃貸契約・敷金・礼金トラブル

報道によりますと、大阪高裁の3件の判決で有効無効の判断が分かれていた、賃貸マンションの更新料訴訟について、最高裁で6月10日の弁論を経て、判決が出るようです。

最高裁判決で、更新料の有効無効についての何らかの基準が出されるのか、また、更新料だけでなく礼金・敷引・定額補修分担金などにも影響があるのかも気になるところです。

賃貸マンション:更新料訴訟3件、統一判断へ 最高裁(毎日jp)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110305k0000m040054000c.html

賃貸更新料訴訟、統一判断か 最高裁で6月弁論(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110304/trl11030419430005-n1.htm

賃貸住宅の敷金・礼金・敷引・更新料(当ブログの以前の記事)
http://maehara-j.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-4c16.html

「更新料」支払い義務で判断分裂 最高裁の結論焦点に(47NEWS)
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102901000420.html

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 司法書士 土地家屋調査士 行政書士)
司法書士 土地家屋調査士 行政書士 前原事務所 

あなたのお困りごとを解決します。

こんな時はお任せください。相続のこと。贈与のこと。遺言のこと。土地・建物の登記、会社・法人の手続。借金問題の解決。過払い金の請求。最善の解決方法はひとりひとり違います。まずはご相談ください。

03-3386-5430
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

更新料についての訴訟の判決は、平成23年7月15日に 前原 秀一 - 司法書士 土地家屋調査士 行政書士(2011/06/14 18:38)

敷金から修繕費差し引きは有効、最高裁判決 平 仁 - 税理士(2011/03/25 11:49)

賃貸オフィスの入退去をめぐるトラブル(3)退去の場合 村田 英幸 - 弁護士(2012/02/03 12:37)

「建築関係訴訟」の研修を受講しました。 村田 英幸 - 弁護士(2012/11/08 12:27)

「一時使用の借地契約」と、その注意点 矢崎 史生 - 不動産コンサルタント(2012/08/26 18:30)