ゆとりある老後生活費 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社FPソリューション 
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゆとりある老後生活費

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計

 生命保険文化センターの平成22年の調査で、ゆとりある老後の生活費の月額が平成19年の前回調査より1.7万円減少し、月36.6万円になりました。これはデフレが原因なのですかね。ちなみに最低日常生活費は月額22.3万円らしいです。

月36.6万円として60歳から85歳まで生きると25年。そうすると10,980万円使うことになります。老後の年金が65歳からもらえるとしていくらぐらい60歳のときにお金を貯めていればいいのでしょうか。

例えば、私と同じ40代で60歳のときの平均報酬月額(年金の計算の元です)が40万円、厚生年金加入期間28年、奥さんは専業主婦とすると65歳以降は二人合わせて年間約290万円もらえます。そうすると20年間で5800万円となり5180万円が不足することになります。よって60歳のときに5180万円を貯蓄しておかないとならなくなります。もし、退職金が2000万円受け取れるのであれば、あと3000万円ということになります。普通預金だけではなかなか貯められない額ですね。

少しでも多く貯めるためには、経済に敏感になり分散してお金を貯めていくしかないのではないでしょうか。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

老後資金の準備はどうする? ~複利の効果~ 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/17 15:27)

老後資金準備 ~自分の身は自分で守れ~ 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/11 10:47)

『1日も早く、少しずつでもきっちりと積み立てる』 高津 嘉邦 - 保険アドバイザー(2011/12/01 16:36)

年金の財源不足2.5兆円 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2010/11/29 21:08)

【投資の疑問Q&A100】 Q1リタイアまでに準備するお金って? 青柳 仁子 - ファイナンシャルプランナー(2010/06/03 23:27)