玄関の式台、ベンチ、手摺、収納、カウンター・・・ - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

遠藤 浩
遠藤浩建築設計事務所 
埼玉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

玄関の式台、ベンチ、手摺、収納、カウンター・・・

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
住宅 新築

木造住宅のコンクリートの基礎高は、構造上、地面から400くらいが頑丈でしょう。(一般的には、300)床下点検のため、土台の下を人が入れるようにするためにも350~400は必要です。(この家は土台下360)

玄関のタタキの部分は、打ち水をしたりするので、建物の床下に入って行かないようにコンクリート基礎天端より少し低い方が良いわけで、(この家は60)そうすると、タタキは、1階床面より300下がった位置になります。300の段差をひとまたぎで上がるのは、チョットしんどい。そこで、その中間の位置にもう1ステップ、式台が必要となってくるわけです。

他にも玄関には、いろいろな工夫があります。
チョット腰を下して靴を履いたり、脱いだりする丸太の腰掛。

しゃがんだり、立ったりする支えとなる手摺。上下の動作には、縦に手摺を付ける方が良い場合もあります。

壁は大容量のエントランスクローゼット(壁面収納)が備え付けてあります。

天井には、奥行きを感じさせるように互い違いに付いた装飾。

正面は、来客の際、注目して頂き、玄関の演出を感じてもらう(EYE STOP)曲線を使った飾り棚など玄関には、暮らしのための様々なコンテンツが用意されています。

遠藤浩建築設計事務所 

このコラムに類似したコラム

土間床の配筋作業 岩間 隆司 - 建築家(2011/06/21 11:05)

玄関収納 松永 隆文 - 建築家(2016/05/12 10:13)

ロフトのボリューム 松永 隆文 - 建築家(2016/03/17 17:52)

建て方が始まりました 松永 隆文 - 建築家(2016/03/11 18:25)

外廊下が完成 松永 隆文 - 建築家(2013/12/06 16:31)