個人経営における従業員雇用について(Q&A回答) - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人経営における従業員雇用について(Q&A回答)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
Q&A番外編 助成金
 【対象Q&A】 ''個人経営における従業員雇用について '' 


Q5.助成金を受けることができるか?


おそらく 中小企業基盤人材確保助成金 のことをおっしゃられているものと思われます。 この助成金受給にはいろいろな要件が要求されますが

 (1) 年間 350万円 以上の給与 [1人以上]
 (2) 300万円 以上の設備投資

と、まずは雇用する従業員の収入(注:賞与除く)ならびに事業開始にあたっての設備投資額、この2つの基本的要件を満たしておく必要があります。  このあたりについては弊社ホームページにて同助成金受給のシミュレーションを掲載してあるのでこちらをご参照いただきご不明な点についてはお問い合わせください。

  中小企業基盤人材確保助成金 受給シミュレーション

  中小企業基盤人材確保助成金 (雇用能力開発機構ホームページ)

なお、助成金受給の申請は タイミングが命 です。
手続きの順序などプロセスを誤ると、せっかく要件を満たしていても受給に失敗するという不本意・不経済な結果も充分考えられます。

もし現段階で上の2つ要件を満たしそうであれば、複雑な制度、受給までの煩雑な手続き、膨大な手間、時間的(精神的)負担などを憂慮し、確実かつ最大額の受給が実現するよう、専門家の有効活用をお勧めします。

以 上

>【参考コラム】
ハローワークへ通う新規創業者向け『受給資格者創業支援助成金』で最大200万円をゲットしよう!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

カテゴリ 「Q&A番外編」のコラム