3月の住宅ローン金利は横ばい - 住宅ローン審査 - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

3月の住宅ローン金利は横ばい

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン審査

3月の住宅ローン金利が全て出揃いました。

1月からの流れで株高・金利上昇の勢いが続いていましたが、
中東情勢の問題が発端となった原油高の影響により、株安へと
流れが変わった影響で、結果的には長期金利の上昇にも歯止めが
かかってきた様子です。


この結果、長期金利の影響を受ける住宅ローン長期固定金利は、
ほぼ前月並の横ばい状態となりました。

ちなみに、フラット35については、2月中旬以降の長期金利の反落の
流れを反映し0.01%金利下落となりました。

◎3月のフラット35金利
(1)返済期間21年~35年以下
最低金利2.54%~最高金利3.54

(2)返済期間20年以下
最低金利2.60%最高金利
3.26%

住宅ローン金利は、変動金利と固定金利とでは、
それぞれ影響される基準が異なります。

※参考(過去ログ)→「住宅ローン金利の決まり方」

ちなみに、変動金利の指標となる短プラ(政策金利を指標とする)は
現状維持となっていますので、金利変更などはございません。

毎年、桜の開花にあわせて株価が上昇する・・・等と言われています。
今年は、多数の上場企業の収益回復が鮮明になっておりますので、
決算期を迎え、株高が期待できる状況ではないかと思います。

原油高による景気圧迫が懸念されますが、
このまま中東の緊張状態が収束してくれれば、春以降より一層の
市場回復が見込めるのではないかと思います。

一難去ればまた一難・・・という感じが続いていますので、
ホント落ち着かないですけどね。
何とか、もうチョット平和な世の中にならないものでしょうか
期待したいところです。

《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

4月の住宅ローン金利と今後の動向 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/04/05 16:40)

国債格下げと住宅ローン金利 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/01/31 09:00)

民間住宅ローン利用者実態調査 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2010/12/24 10:29)

住宅ローン金利の上昇 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/15 13:30)

政府の改革が遅れると住宅ローン金利が上がる? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/09 16:00)