自社の数字との相談 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自社の数字との相談

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

こんにちは、2月も残り2日ですね。

気がつけば一年の1/6が過ぎてしまいました。

 

昨日からの続き、大きな指標を経営に活かす方法について。

死ににくい経営について考えてみましたが、改めて最重要なのは

「会社にお金がどれくらい残っているのか」

ということです。

会社が倒産するのは売上がないから、ではなく直接的には

「現預金がなくなるから」倒産をするのですね。

つまり自社の「小さな数字」もしっかりと見ておかなければ、

大きな数字を活用することは難しくなってきます。

 

仮に「仕入れには現在が良い時だ!」と判断しても、

手元のお金に余裕がなければどうしようもないでしょう。

これは大小どちらの数字にしても「継続的に見続けること」で

ある程度の「直観」を鍛えていくしかないかと思います。

 

大小の数字をみる習慣についてもう少し。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

お金はごまかしにくい 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/27 01:00)

社長貸付がある→生活費が多いかも 高橋 昌也 - 税理士(2011/11/09 06:00)

社長さんのお給料 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/15 07:00)

あけましておめでとうございます 高橋 昌也 - 税理士(2016/01/01 07:00)

会計の仕組みと経済情勢、どちらが先行? 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/19 07:00)