ミドルの役割と変革→ミドルは会社など変えられない、変革の現実 - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年04月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ミドルの役割と変革→ミドルは会社など変えられない、変革の現実

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋


会社を変えるために、ミドルに期待する。
会社を変えるために、ミドルを頼る。
会社を変えるために、ミドルが頑張る。

理念としてはいいのですが、実はミドルがいくら頑張っても組織は変わりません
組織変革の現実というのは・・・・・

**************************************************
ある会社の役員が言った。
「会社がここまで悪くなったのは社長のせいだ。社長は自ら責任をとるべきだ」
しかし、それを言った役員本人の行動とその根底にある精神はこれまでのものと何も変わらなかった。

その会社の部長が言った。
「皆、内心ではまずいと思っている。それが危機感としてまとまり前向きになれないのは役員のせいだ。役員は自ら責任をとるべきだ」
しかし、それを言った部長たちの行動とその根底にある精神はこれまでのものと何も変わらなかった。

その会社の課長が言った。
「俺たちはやっている。努力が実を結ばないのは部長のせいだ。部長は自ら責任を取るべきだ」
しかし、それを言った課長たちの行動とその根底にある精神はこれまでのものと何も変わらなかった。

仕事にも慣れ、ようやく一人前として会社に貢献し始めた同じ会社の若手社員たちが言った。
「俺たちは間違っていた。不満を言い批判する前に、今何ができるかを考え、行動しよう」
そして、口に封をし、黙って実行した。

さて、政治家の話しはさておき、社長~課長までと若手社員を比較すると、何が顕著に異なるか?
 …「他を批判しておきながら、自分は変わろうとしない/変わらない」点である。

そして、この会社の若手社員たちに声をかけるとしたら何と言うか?
 …私は「今すぐ転職しなさい」とアドバイスする。

上が変わらない限り会社は変わらない。
下が頑張っても
途中でつぶれる。
下が頑張っても途中でつぶされる。

(出典) http://profile.ne.jp/w/c-39689/

**************************************************

これが組織変革の赤裸々な現実です。

(中沢努「<深く考える>序開き」から抜粋)

<筆者 コラム等>
 https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts


「不祥事で報道された企業」と「報道されなかったが不祥事が起こった企業」 へ

1.【効果あるのは、赤裸々なソリューションです】
 ◆ 企業が数字を追うのは必然 http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_staff.html
 ◆ 部下に規則を守らせたければ http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance.html
 ◆ どうすれば社長役員の暴走を抑えられる http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_consul.html

2.【あなたがすべきこと】
 ◆ なぜ起こったのか?調査をこのレベル http://profile.ne.jp/w/c-172754/ で。
 ◆ ここまでしなければならない が現実。

3.【再発防止の秘訣】
 ◆ それは何か  http://profile.ne.jp/w/c-178725/

<本コラムをご覧の全ての企業、全ての個人の方へ-大切なお願い>
 ◆このコラムを含め 弊社の表現物を社内で利用したい時は、ご相談をお願いします

  理由・ワケ→ http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 


【不正再発防止】
 「人間の視点」から調査・教育・コンサルティング行います。

 お問い合わせ下さい。 http://www.pensee.co.jp/

【コンプライアンス資料】
 http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

(例)
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 1.意味 
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 2.心理 
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 3.背景・要因
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 4.意識レベル
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 5.本質 
・コンプライアンス資料[研修/コンサルティング] 6.違反人材 

<その他>
・コンプライアンス違反の背景、違反組織の特徴、他 http://www.cmp-akademeia.jp/ 
・コンプライアンス違反者の心理、違反を招く行動例、他 http://www.cmp-akademeia.jp/2nd/index.html
・コンプライアンス強化術 http://www.cmp-akademeia.jp/3rd/index.html
・コンプライアンス違反事例 http://www.cmp-akademeia.jp/4th/index.html
・コンプライアンス理解の秘訣 http://www.cmp-akademeia.jp/5th/index.html
・コンプライアンス違反をする人ってどんな人? http://www.cmp-akademeia.jp/6th/index.html

<相談>
 ◆ コンプライアンス相談室  http://www.cmp-akademeia.jp/q/index.html

<SNS>
 ◆ フェイスブック https://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany
 ◆ Google+  https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts
 ◆ LinkedIn  https://jp.linkedin.com/in/penseenakazawa


【大切なお願い】
弊社コラムを社内で利用したい時は、ご相談をお願いします

理由・ワケ→ http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 

【お問い合わせ】
コンプライアンスコンサルティング、コンプライアンス研修、コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ )

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋」のコラム

このコラムに類似したコラム

コンプライアンスとは何か? 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/04/17 08:00)

不祥事を防ぐ能力(日常編) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/04/12 08:00)

コンプライアンス教育 「説得力」を出すには 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/04/10 08:00)

コンプライアンスに必要な思考 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/04/07 08:00)

コンプライアンスの学習方法 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/03/31 08:00)