住宅雑誌取材 2子供部屋のカラー/幼児期 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

青木 恵美子
AAプランニング 代表取締役
神奈川県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅雑誌取材 2子供部屋のカラー/幼児期

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
マスコミ取材
先日ご紹介の子供部屋のカラーコーディネート提案です。
これはリクルート発行の地方版雑誌の中で取り扱われる企画「色彩心理から考える子供部屋のカラーコーディネート」(仮タイトル)で紹介されます。
担当者曰く 「紙面で色&画像処理より、模型の方がよりリアリティーがありわかりやすい!」ということでの依頼で+i.style の模型を使ってのシュミレーションです。
幼児期(幼稚園〜低学年)、思春期(高学年〜中学生)、大人になりかけた時期(高校生くらい) と大きく3時期の提案です。

幼児期の小さな子供部屋では、飛行機やお花の壁紙を使っているのが見受けられますが、私は反対で、小さなお子さん程個性を固定させてしまうのではなく、お子さんの個性や色の感性を引き出す為に、あえて白い壁にして、ファブリックで色彩豊かないろんな色に触れさせるという提案です。ファブリックやラグでは季節ごとに変えられますし、いろんな色を楽しめますので、お子様の感性をのばす為に理想的だと思います。

写真はそれぞれ8帖の子供部屋。右と左では床の色、ファブリックの色を変えました。
小さなお子さんの好きな色 黄色とオレンジ色を中心にコーディネートしました。

+i.style では、このように簡単にインテリアをシュミレーションできます。


ご案内



新しい住教養を学ぶインテリア教室【+i.style】

OZmallプレミアムレッスン

有限会社AAプランニング
東京都港区台場2-2-2 タワーズ台場617 TEL: 03-5500-0521

コラムに関するご感想&お問い合わせ