ローコスト建築家宣言 - 建築家への相談 - 専門家プロファイル

増井 真也
建築部門代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ローコスト建築家宣言

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築家への相談
家作りのコツ

私にとって住宅とは、家族の暮らすための最低限の箱です。

最低限といっても、家族が心を満たされるような暮らし方ができるということが満たされていなければいけませんが、過剰なお金の掛け方は不要で、自分達の生活ぎりぎりのローンを組み、まったく家族の楽しみをする余裕もないほどに自分達を追い詰めて家を買うほど、ばかばかしいことはないと思っています。

特にハウスメーカーの作るものの値段はまったくわからないブラックボックスの中にあり、ものを売る為の莫大な広報宣伝費の為なのか、膨大な量の社員の生活を支える為なのかはわかりませんが、絶対的にもっと安くできるであろう大手ハウスメーカーの家の多くは、あたかも高級住宅のように思わせる宣伝操作の果てに、坪90万円以上の高値で販売され、数奇屋建築が作れるのではないかと思うほどの値段で販売されていることが不思議でありません。

建築の作り方は簡単で、接合部やら耐震性の向上やの細かな作り方の変化はあるにしても、何百年も同じような手法がとられていて、何とかして壊れない屋根と壁を作ればよいのです。簡単なのだから、クライアントは家造りの際に自分の家の作り方をもう少し真剣に考えた方がよいのではないでしょうか。そうすれば、先に述べたことにすぐに気が付くと思います。

日常の生活を送る箱を作るのに、一生に一度のことだから、なんだか良くわからないけれど、エイヤ!で決めてしまっていませんか。そしてその勢いで決めたローンに何十年も付き合わされてしまいます。そんな事はもうやめようよの、「ローコスト建築家宣言」なのです。

日本の人々の暮らしは成熟期に入ったといえると思います。その中で暮らしを豊かにする住宅の存在は重要です。しかし、その豊かさとはそこで暮らす人それぞれに違うものであるはずであり、均質ではありません。そして、生活を圧迫しないようなローコストでなければならないとおもっているのです。

詳しくはhttp://www.masuii.co.jp/