2011年住宅資金事情 住宅ローン控除・贈与税の非課税 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

奥山 裕生
奥山裕生設計事務所 主宰
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2011年住宅資金事情 住宅ローン控除・贈与税の非課税

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
コラム

1.住宅ローン控除「3000万円を超えるローンを組む方は2011年がお得」

 

住宅ローン控除とは、住宅ローン残高によって、

借り入れから10年間、所得税が戻ってくる制度です。

2011年の住宅ローン残高の上限額は4000万円。

2012年の住宅ローン残高の上限額は3000万円。

(控除率は、ともに年1%)

つまり、3000万円を超えるローンを組む方は、2011年がお得です。

2011年12月31日までに入居することが条件となりますのでご注意を。

逆に言うと、3000万円以下のローンを組む場合は、入居を急ぐ必要はありません。

ハウスメーカーの営業さんに、「今年中に完成すれば得ですよ。」と煽られても、

気にすることは全くありません。(笑)

 

 

2.贈与税の非課税「贈与による住宅資金計画を考えている方は2011年がお得」

 

2011年両親、祖父母からの住宅資金援助が1000万円まで非課税となります。

贈与を頭金にして住宅資金計画を行なう場合は、2011年がお得です。

2011年1月1日から12月31日までに贈与を受け、

2012年3月15日までに贈与税の申告をして、

申告の前までに引渡しを受ける必要がありますので、ご注意を。

 

 奥山裕生設計事務所

 

 

このコラムに類似したコラム

土地と建物にかかる諸費用の項目 奥山 裕生 - 建築家(2011/11/23 23:00)

続・2012年贈与税の非課税枠の動向 奥山 裕生 - 建築家(2011/11/18 23:00)

住宅資金×贈与税×税務署のお尋ね 奥山 裕生 - 建築家(2011/11/16 10:34)

家づくりの流れと手続きを知ること。 林 秀成 - 建築プロデューサー(2011/01/25 17:19)

ムラサキツユクサ 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/07/24 22:50)