桜林を抜け 玄関ドアを開くと - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

桜林を抜け 玄関ドアを開くと

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
光が丘のサクラハウス
桜林を抜け、玄関ドアを開くと、淡く柔らかい光に溢れたエントランス空間があらわれます。
玄関には窓が無いのですが、廊下の左右から差し込む太陽光が白い壁に反射し、明るい雰囲気の玄関となりました。

桜をテーマにリフォームしたこのお宅の床には、カバ桜の無垢材を使用しました。
オイルフィニッシュで仕上げたフローリングは、自然な風合いが損なわれることなく、木の質感が直接感じられるため、足裏の感覚が心地良く、つい裸足で歩きたくなってしまいます。

玄関の土間部分は400角のテラコッタタイルです。
カバ桜のフローリングと違和感なくつながるように、また半端もののタイルが極力出ないようタイル割に気を遣い、すっきりと納めるようにしました。

家全体の壁や天井、壁面収納の扉材などはAEP(アクリルエマルション)塗装で仕上げられています。
白色に若干桜色をしのばせたため、反射光が淡い桜色となり、やさしい光に包み込まれる空間に仕上がりました。

玄関をつきあたり左に折れると、天井高をおさえた低いゲートがあります。
緩やかなスロープをあがると、その先にLDKの大きな空間が広がります。

シリーズを読む

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「光が丘のサクラハウス」のコラム

トイレって・・・(2008/01/27 20:01)

長い部屋(2008/01/20 17:01)

櫻の間(2007/12/30 12:12)