クリニックに対する不満とクリニックを変更した理由 - 診療所の経営と開業 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

河野 理彦
(行政書士)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クリニックに対する不満とクリニックを変更した理由

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 診療所の経営と開業

こんばんは。医業経営コンサルタント
原聡彦(はらとしひこ)です。

本日は患者アンケート結果から、クリニックに対する不満とクリニックを変更した理由についてお伝えします。

1.クリニックに対する不満
第1位 待ち時間が長い54.0%
第2位 医療費が高い 24.9%
第3位 プライバシーの配慮 22.1%
第4位 診療情報提供が不十分 17.9%
第5位 検査・薬が多いと感じる17.1%

2.クリニックを変更した理由
第1位 技術レベルが低い 42.8%
第2位 医師の説明が不十分 36.3%
第3位 医療の立ち居振る舞い34.9%
第4位 医師とのコミュニケーションがとれない 31.2%
第5位 待ち時間が長い 42.6%

上記の結果より、クリニックに対する不満=クリニックを変更するということではないようですね。クリニックを変更する理由は医師に対して不信感、不快な印象を抱いた時、コミュニケーションが不十分なときに変更するということを理解して頂きたい。

特に、クリニックを変更した理由第1位の「技術レベルが低い」というのは、医療技術が患者さんにわかるわけではなく、医師の診断・処方が患者さんにとって見えにくい時や見えない時に感じる「医師のコミュニケーションレベルの低さ」という事だと思う。

ぜひ、上記のクリニックを変更した理由が自院に存在しないかを患者アンケートやスタッフ調査などで棚卸(たなおろし)して頂きたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

人を説得する12原則(「人を動かす」デールカーネギ―著より) 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/02/08 23:21)

事例に学ぶ!患者さんと良好な関係をつくるコミュニケーション 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/01/31 23:59)

好印象を与える電話応対のポイント 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/01/21 23:51)

歯科医院の保険から自費診療へ移行率を高めるポイント(後編) 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/01/17 22:47)

人に好かれる6原則~デール・カーネギーの「人を動かす」より~ 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/01/15 14:57)