中小ITベンダー生き残りのためのキーワード - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中小ITベンダー生き残りのためのキーワード

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は中小ITベンダーについてのお話です。

長年のIT業界経験から、中小ITベンダーの経営者の方々からのご相談を受ける機会が増えています。

リーマンショック以降の不況の影響は、多くの中小ITベンダーに大きな傷跡を残しました。

しかし、今後の成長戦略実現に向けて、積極的な活動を始めている中小ITベンダーも少なくありません。

当然今までとは異なるビジネスのアプローチも始めることになります。

今までのような何の特徴もない下請依存型のビジネスモデルの限界を皆さん知ってしまったからです。

積極的に活動されている中小ITベンダーの経営者の方々と話していて、よく出てくる言葉が「企業連携」です。

中小ITベンダーの経営資源の制約を解消するためには、「企業連携」という発想は極めて自然です。

このような議論を日々行っていると、経営者、従業員、企業全体全てが変わらなければ生き残れない時代だなと感じざるを得ません。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

多面的な見方(2016/12/07 09:12)

世代交代(2016/11/17 09:11)

このコラムに類似したコラム

企業連携を継続していくための大前提 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/07/09 11:21)

自前主義からの脱却 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2011/10/05 08:27)

補完関係 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/04/25 09:48)

日本サービス大賞のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/07/14 10:39)

新連携支援事業のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/07/09 11:03)