No.142 ネーミングだけじゃない「東京ばな奈」成功の秘訣 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

澤田 且成
アイディーテンジャパン株式会社 企業ブランディングコンサルタント
東京都
ブランドコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

No.142 ネーミングだけじゃない「東京ばな奈」成功の秘訣

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
ブランディングニュース 『企業ブランド戦略の成功と秘密』

ブランディング・ブランド戦略パートナーのアイディーテンジャパン
(http://www.id10.jp)は中小企業のブランド戦略を支援しています。
==============================================================
No.142 ネーミングだけじゃない「東京ばな奈」成功の秘訣
--------------------------------------------------------------
“選ばれ続ける仕組み”を設計するメールマガジン      2010.09.20

 ブランディングニュース『企業ブランド戦略の成功と秘密』

==============================================================
【お知らせ】プレスリリースを発表しました 

「かおり」に関する消費者意識調査結果を発表
32.1%がいい店の条件に「香り」と回答
~「香り」や「臭い」の認識に、企業と消費者間で大きなギャップ~

⇒ http://www.id10.jp/brandingresearch/kaori
※39のインターネットニュースでご紹介いただいております
--------------------------------------------------------------

こんにちは。
アイディーテンジャパン・ブランディングニュース編集局です。

ようやく秋らしい気候になってきましたね。

今日は連休中ということで、
お休みの方も多いと思います。

そんな連休が明ければ、
今年も残すところ、あと100日となります。

「今年こそ、こうなろう!」
そう決意した元旦の自分を振り返りながら、
残りの日も全力疾走したいものですね。


さて今回は、東京の定番みやげとして有名な
「東京ばな奈 見ぃつけたっ」を取り上げます。

東京以外にお住まいの方なら、
出張や旅行のおみやげとして、
年に一度は食べる機会があるのではないでしょうか。

これまでの「みやげ物」という常識を覆したこの商品は、
1991年の発売当初から話題となり、
今では東京の主要駅や空港、SAなどには
必ず売っている商品です。
売上は年間40億円といわれています。

さらにバナナ効果は東京にとどまらず、
大阪でも「大阪プチバナナ」「大阪バナナブッセ」という商品が、
あえて類似品として堂々と売られ、話題性をもたせています。

今回は弊社代表の澤田且成が、
「東京ばな奈 見ぃつけたっ!」のネーミングと、
ブランド確立を成功させた戦略についてお伝えしたいと思います。


東京ばな奈―東京ばな奈ワールドサイト
http://www.tokyobanana.jp/

*        *        *

--------------------------------------------------------------
<本日の内容>
--------------------------------------------------------------

[1] "選ばれ続ける仕組み"の事例:
ネーミングだけじゃない「東京ばな奈」成功の秘訣

[2] フリーコンサルテーション

[3] 編集後記

--------------------------------------------------------------
[1]  "選ばれ続ける仕組み"の事例:
ネーミングだけじゃない「東京ばな奈」成功のカギ
--------------------------------------------------------------

■ 「東京ばな奈 見ぃつけたっ」誕生秘話

東京ばな奈が生まれたのは1991年。
ちょうどこの頃に、
バブルが崩壊し景気が降下しはじめました。

当時の東京みやげといえば、人形焼きや甘納豆、羊羹といったもの。
少し高齢の観光客が主な客層でした。

さすがバブル景気の時代。
出張に訪れたサラリーマンが買い求めるおみやげは、
銀座の有名百貨店にあるブランド品や洋菓子といった
高価なものでした。

しかし、
出張帰りのサラリーマンや地方に住む観光客の財布にも、
バブル崩壊・不景気のしわ寄せが・・・。

「職場、家庭に持ち帰っても文句を言われない菓子は?」
「値段も手頃なちょっと良いもの、おしゃれなものは?」
そう思い悩んでいた客の前に現れたのが、
この「東京ばな奈」だったのです。

明確に“東京みやげ”と分かり、
少し洒落たフレーズを使った
「東京ばな奈 見ぃつけたっ!」。

東京の名産でもない“バナナ”を使い、
東京の名所でなく“黄色いバナナにリボンをつけたキャラクター”
をパッケージに起用した商品は、
それまでのみやげ品を覆しました。

発売当初から話題を席巻し、
やがておみやげブームを引き起こすこととなるのです。

詳細はこちからから

⇒ http://www.id10.jp/node/273

このコラムに類似したコラム

あなたの店の前を歩いているひともあなたの店を知りません 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/08/27 06:16)

「いつやるか? 今でしょ!」から塾業界を考える。 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2013/04/03 10:09)

顧客獲得ライティング術×セルフブランディングセミナー開催! 金澤 彰子 - ブランドコンサルタント(2012/09/11 11:54)

ポケットマネーで参加できる!オススメ専門家セミナー 金澤 彰子 - ブランドコンサルタント(2012/08/07 13:50)

100周年!オレオの青色から学ぶ差別化! うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/13 17:21)