冬ごもり!? - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

石塚 和彦
石塚和彦アトリエ一級建築士事務所 代表
北海道
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コラムもすっかりご無沙汰してしまいました。
今さらながら、新年、初めての更新ですね。。。

あっという間の2月。
札幌では雪祭りも始まり、国内外からの観光客で賑わっています。

北海道といえば、雪祭りや海鮮・乳製品などの食べ物が有名ですが、
それ以外にも魅力的なものや場所がたくさんあります。
観光いいらした際には、ぜひ自分だけの北海道を見つけに足を延ばしてみて下さいね。

きっと、新しい発見があるはず。

さて、タイトルの「冬ごもり」。
引きこもりでも、冬眠でもありません。
北海道は積雪寒冷地なこともあり、春の雪解けとともに住宅の工事が始まるケースが多くあります。
そのために、冬の時期の多くの設計事務所では、計画の検討をしたり、設計図面をたくさん描いたり、
まさに事務所にこもって黙々と設計作業を進めます。

当事務所でも、このところの試行錯誤?でスタディ模型たちが増えて、アトリエ事務所っぽく?なってきました。
模型たちは、着々と事務所のスペースを侵食中です。。。

模型づくりは一見大変そうに見えますが、自分でつくることによって、
今まで気がつかなかったことがたくさん見えてきます。
図面やスケッチで考えたことを検証したり、確認していく作業であったりもします。

いいと思ってたところがダメだったり。やっぱりそうか、と思ってみたり。
心変わりもしたりして。

ひとつひとつ、自分の手で確かめながらモノをつくっていくスタンスは、これからも大切にしたいこと。
春に向けて、すこしずつ設計作業は進んでいきます。

このコラムに類似したコラム

第3回個展「子育て世代のための子育て住宅展」 奥山 裕生 - 建築家(2013/10/03 22:04)

Replan北海道vol.98 2012秋冬号 に掲載して頂きました。 石塚 和彦 - 建築家(2012/09/29 23:57)

受賞しました。 石塚 和彦 - 建築家(2012/09/22 21:23)

最近のしごと。 「sprout」 #1 石塚 和彦 - 建築家(2012/06/24 21:34)

建て方 進行中。 石塚 和彦 - 建築家(2012/01/29 23:09)