米国特許:KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(8)(3回) - 特許・商標・著作権全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:特許・商標・著作権

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米国特許:KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(8)(3回)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 特許・商標・著作権
  3. 特許・商標・著作権全般

米国特許判例紹介:KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(8)(第3回)

~先行技術要素の組み合わせと後知恵~

米国特許判例紹介 

In re Richard F. Schwemberger

河野特許事務所 2011年2月18日 執筆者:弁理士 河野 英仁

 

 参考図2は従来の締結線構造(909出願の図41)と、クレーム発明の締結線構造を示す説明図(909出願の図39)である[1]。 

 

  参考図2 従来の締結線構造(909出願の図41)と、クレーム発明の締結線構造を示す説明図(909出願の図39)

 

 図41に示す、12は、組織を保持する組織保持特徴部であり、10は、ステープルが発射される締結線である。図41に示す如く、組織保持特徴部12,12は、締結線10の上下終端よりも上側と、下側とのそれぞれ2箇所に配置されている。

 しかしながら、当該配置では、締結線10の終端と、組織が縫合されない組織保持特徴部12との間にギャップが生成され、出血及び流体の漏れといった問題が発生する。

 909出願はこの問題を解消すべく、締結線128を上下方向に延長したものである。すなわち、締結線128の上終端を、保持ピン125よりも上側に、締結線128の下終端を、ガイドピン124よりも下側にそれぞれ延長したのである。

 争点となったクレーム9は以下のとおり[2]

体内組織に対し複数の手術用留め具に適用すべく適合された手術用器具(20)であり、以下を含む(中略)

・・・

カートリッジハウジング(121)とアンビル(122)との間から伸びる下部組織保持部(124)を備え、

前記カートリッジハウジング(121)は適用される手術縫合長手範囲を規定する該カートリッジハウジング(121)の前面に沿って少なくとも一つの締結線(128)を含み、該締結線(128)は頂部及び底部とを含み、

前記締結線の頂部(128)が前記頂部組織保持部(125)より上方であるか、または、前記締結線(128)の底部が前記下部組織保持部(124)の下方である

 


[1] 理解を容易にするためにポイントとなる個所を黒矢印で示した。

[2] クレームの争点となった箇所のみ日本語訳を記載した。また符号は筆者において付した。クレーム9原文は以下のとおり。

9. A surgical instrument adapted for applying a plurality of surgical fasteners to body tissue, the surgical instrument comprising:

a frame having a proximal end and a distal end, with a handle positioned at the proximal end and an end effector positioned at the distal end;

the end effector being shaped and dimensioned for supporting a cartridge housing and an anvil, the cartridge housing and anvil structure being relatively movable between a first spaced apart position and a second position in close approximation with one another;

a firing mechanism associated with the end effector and the cartridge housing for selective and substantially simultaneous actuation of the fastening elements; and

a tissue retention feature associated with the cartridge housing and anvil, the tissue retention feature maintaining tissue within the end effector during treatment and including

a top tissue retention member extending between the cartridge housing and the anvil, wherein the top tissue retention member is capable of selective distal movement or proximal retraction, and

a bottom tissue retention member extending between the cartridge housing and the anvil;

the cartridge housing includes at least one staple line along a face of the cartridge housing defining the longitudinal extent of the surgical fasteners being applied, the staple line includes a top and a bottom; and

the top of the staple line is above the top tissue retention member or the bottom of the staple line is below the bottom tissue retention member. (emphases added) 

                                                            (第4回へ続く)

 ソフトウェア特許に関するご相談は河野特許事務所まで

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム