虫歯は染め出し液で染めて虫歯だけ削り取っています - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

神谷デンタルオフィス 藤沢インプラントセンター 理事長・歯科医師
神奈川県
歯科医師
0466-50-4505
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

虫歯は染め出し液で染めて虫歯だけ削り取っています

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
最近導入した新しい器材材料など

 

 

う蝕検知液について 

みなさん虫歯を染め出す液体があるのをご存知ですか、しかしクラレ社のカリエスディテクターは赤く染まりすぎてしまいます

長い間う蝕検知液といったらカリエスディテクターこれしかなかったんですが

うすピンクのところから健全象牙質ということで、削りすぎてしまう事もしばしばあって露髄してしまうこともかなりありました 真面目な先生ほど

特に麻酔していると危ないです 削りすぎてしまいます

色だけでの区別はかなり微妙といった感じです

しかし東京医科歯科大で開発されたこともあって、医科歯科大系の教授が赴任し

ている大学ではいまだにカリエスディテクターを使用していると聞きました

ということで、現在はニシカ社の『カリエスチェック』がかなりいい線いっています

虫歯の第一層のみ青く染まります ですから青いところだけ取りきれればOKです

ではまず う蝕の第一層と第2層について、勉強しましょう

第一層は細菌が入り込んでいて除去しなければなりません 基本再石灰化しませ

ん カリエスチェックで青く染まります

第二層は細菌が入り込んでいないので、除去する必要はありません 逆に天然の

覆とう材と考えて積極的に残さなければなりません 再石灰化が可能で 象牙細

管は閉じているのでバリアーになります 刺激が遮断されています だから麻酔なしで

もカリエスが取りきれるのです 健全な所を削ると痛いです 象牙細管がオープンし

てしまいます

しかしここにも罠があります 『カリエスチェック』でも少し染まりすぎる事があ

るようです

調子に乗って削って行くと露髄します ではなにを基準に虫歯を除去すればいい

のでしょうか

保存学会からガイドラインが出ているそうですが、さいごの微妙なところは、ま

だ基準はないとのことです

先生方も困りましたね  衛生士さん まだ青いですと責め立てないで下さい 露髄

します

ではどうしましょうか エナメル象牙境(デントエナメルジャンクション)はカリ

エスがひろがりやすいです ですから横方向には、しっかり除去してください 案外取り残しが

出やすいです 大丈夫です露髄しません

しかし歯髄の真上は、慎重にいきましょう よく切れるラウンドバー 繊細なエキスカ

で優しくお願いします 手指の感覚がたよりとなります

デンタルレントゲンを再度確認して下さい 青い所をいかにぎりぎり残すかが勝負どころです

マイクロスコープをみながら削片のけずれかたをチェックするのもいいでしょう

ただし髄角には要注意です これもデンタルレントゲンで確認しましょう

年齢とともに歯髄腔は小さくなりますが 60歳まで髄角の位置はかわらないそう

です

いわゆる角にあたる部分をよくチェックしないと露髄します

しかし解剖学的に髄角の位置は、咬頭頂の直下と決まっています 前歯は例外で

すが

ですから虫歯治療のときは、かならずデンタルレントゲンを撮るくらいの慎重さが大切でしょう

麻酔をしないほうがぎりぎり攻められますね

露髄させるより完璧にシールする、シールドレストレーションをすすめる先生も

います

このときに頼りになるのが、 CHX ですね アパタイトに吸着して継続的な殺

菌効果を維持する 接着を破壊する酵素を阻害するなど 効果が証明されています

当然歯髄まで十分な余裕がある場合は、カリエスチェクでとりきってしまえ

ば全然オッケーで 良心的です 実は使っていないDrもかなりいると推測します

実際70%くらいの先生方が使っていないと言われています

当院では 虫歯をお薬で染め出して、しっかり取り残しのないように、お取りしてい

ますのでご安心下さい 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 歯科医師)
神谷デンタルオフィス 藤沢インプラントセンター 理事長・歯科医師

神奈川県藤沢市の歯科医院。マイクロスコープで精度の高い治療を

神奈川県藤沢駅近くで開業しています。時間、痛み、費用など患者様の負担を少しでも減らすために高い技術を導入した治療を心がけています。単行本『患者が決めた!いい病院ー患者9万人アンケート 関東版 完全保存版』でも取り上げられました。

0466-50-4505
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「最近導入した新しい器材材料など」のコラム

日々の診療風景です(2011/12/29 09:12)