借入れも好調なときに - 飲食店の財務会計 - 専門家プロファイル

河野 祐治
株式会社 飲食店繁盛会 飲食プロデューサー
東京都
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

うえた さより
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借入れも好調なときに

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店の財務会計

 

私は資金調達の専門家ではないので、異論があるかも知れませんが、

借入れも同じで、好調のときに(借入れしやすいときに)、

借入れをしておくべきだと思うんです。

 

たくさんのお店を見てきて感じることです。

 

好調なんだから、利益を投資にまわして、

借入金は積んでおけばいいのです。

 

利息はかかりますが、利益が出ているので節税効果がありますし、

万が一のときの保険料と思えば安いものです。

 

どうしようもなくなってから借入れをしようとするから、

追い詰められるのです。

 

銀行も商売であり、ボランティアではありませんから。



そもそも、どうしようもない状態まで追い詰められてから、

初めてあわてる飲食店が多いのは、「現金商売」だからです。

 

「何かおかしいなぁ」と思いながらも、

現金商売なので目先何とかなっちゃうんですね。

 

で、これはやばい!と思ったときには、もう手遅れ・・・。



現金商売は、「茹でガエル」になりやすいですから。

 

飲食プロデューサー、中小企業診断士

河野 祐治

 

このコラムに類似したコラム

何てとんでもなく痛快な会社なんだ!! 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/01/23 11:14)

「三方良し」の商売じゃないと・・・。 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/11/14 15:57)

もったいないなぁ、「ゆで太郎」。商品力は高いのに。 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/21 11:06)

スタッフと客がグルになる手口 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/09 13:20)

さらば松竹梅 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/07 12:06)