グローバル化は、加速する - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

グローバル化は、加速する

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える

先日、ユニクロのファーストリテイリングが、
2012年の新入社員採用のうち約8割を外国人にする
という記事を見かけました。

近頃は、円高などもあり、この会社に限らず、
自動車メーカーなど、海外進出を加速させている企業は多いので、
国内の産業空洞化が、雇用に与える影響などが心配です。

なにしろ、海外には、日本人の10分の1の賃金で、
進んで単純労働をやってくれる人たちが、ごまんといるので、
企業は、そこでコスト削減をしたがります。
グローバル化は、とどまる気配がありません。

例えば、ユニクロは、海外でコストを安く生産しても、
商品自体は、多くの人がほぼ満足できるものになっています。
(ただ、自分とまったく同じユニクロを着ている人に出会う
という気まずさもたまにはありますが...)

つまり、日本人は、10分の1の賃金の人たちと競争していくために、
その10倍の価値を提供しなければならなくなったわけです。

あと最近は、TPPの話もでていますね。

TPPとは、私も詳しくないのですが、要するに、
特定の国と自由貿易協定を結ぶことで、その加盟国と貿易をする際に
関税が撤廃されるスキームのようです。

個人的には、日本がこのスキームに参加すると
国内の農業が崩壊してしまうのではないか、と危惧しています。

グローバル化は、確かに安くて品質のよいものを買える
メリットもありますが、その分、一人勝ちが起こり、
淘汰されてしまう人が増えやすい状態になります。

くらしを守るという観点からも、これからの時代、
一人一人がグローバル化への対応策を見つけ出すことが
重要なポイントになるのではないか、と思っています。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)

このコラムに類似したコラム

「日本経済の“儲け”245兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/08/30 13:05)

「女性の就業率 34か国中24位!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/08/09 19:10)

恐ろしい、実質値上げ 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/03 09:10)

日本を海外側から見てみると 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/18 16:24)

日本が先後国(せんこうこく)に!? 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/17 11:09)