ライフスタイルの変化に応じて - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

柳沢 伸也
やなぎさわ建築設計室 代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ライフスタイルの変化に応じて

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計

W邸では、ライフスタイルや家族構成の変化に対応できるよう、2階にフレキシブルな空間を設けました。

部屋の真ん中には大きな引き戸があり、必要に応じて仕切ることができます。

引き戸の上部は壁とせず空間をつなげることで、より開放感を感じられるようにしました。

家具のレイアウトも変えやすいように、マルチメディアコンセント(電気、TV、LANがセットになったコンセント)を数カ所に設定しています。

子ども部屋が必要な時期は、ライフサイクルの中では意外と短い。子ども達が巣立った後はあまり使い道がなく、物置と化してしまっているケースはよく見られます。

そこで人数分の閉じられた子ども部屋という発想から少し離れ、家族みんながいろいろな使い方のできるフレキシブルな空間としました。ワークスペースに、ゲストルームに、子ども部屋にと、様々な使い方が想定されます。

ある1面の壁は、アウトドア派のクライアントのご希望でクライミングウォールとなりました。

下地を構造用合板で補強して、ホールドを取り付けています。

カラフルなホールドはインテリアとしてもおもしろく、オープンハウスに来てくれた子ども達がみんな触っていました

このコラムに類似したコラム

【地震“とか”にメチャクチャ強い家って?】 須永 豪 - 建築家(2015/12/10 11:09)

【光を抱く家】雑誌掲載されました 西島 正樹 - 建築家(2015/01/07 16:40)

戦後日本住宅伝説 岩間 隆司 - 建築家(2014/07/25 10:19)

古い家に住むという選択をした人の話(後) 志田 茂 - 建築家(2014/02/26 11:00)