仮説とは? - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仮説とは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法 Web サイトに集客したユーザーを逃さないために

仮説とは



内田和成著の『仮説思考 BCG 流問題発見・解決の発想法』によると、「『仮説思考』とは、情報が不十分であったり、分析が進んでいない段階でも、先に自分なりの「仮の答え」を持つという考え方」と記載されている。

これを、Web サイト運営に当てはめてみると、「外的要因や、訪問者の行動などをあらかじめ予測して、Web サイトにおけるユーザーの実際の行動を仮定する」ことが Web サイト運営における仮説検証となる。

仮説立案の方法


ただ、これだけでは実際に使うことが難しいだろう。では、実際にどうすればよいかというと、実はすでに Web サイト運営段階で運営者は仮説立案を行っていることが多い。

例えば、現在、EC サイトを運営していたとしよう。6月の運営方針を決める際に考えることとしては、以下がイメージできるのではないだろうか。

・お中元シーズンなので、メロンが売れるに違いない
・ボーナスも出た後だし、高級品が売れるのでは

そうすると、Web サイト運営において、トップページの目立つところに高級品のバナーを貼ったり、お中元商品を集めたページを作成することになるだろう。これは、立派な仮説である。実は、Web サイトの運営者は常に仮説を考え、運営を行っているのである。

仮説立案型のLPO

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム

LPO の実施と検証(2007/09/01 00:09)

LPO 実施の前に必要なこと(2007/08/31 00:08)