彼女が大切にしているものを、大切にする1 - 男女の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

彼女が大切にしているものを、大切にする1

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 男女の悩み・問題

恋愛セラピストあづまです。

恋人同士や、夫婦間で険悪になるパターンのひとつが、それまで自分が「常識」としてきたことがお互いに食い違い、それをめぐって言い争いになることです。

小さなところでは、お風呂場の前に置いておく床マットの扱い。びしょびしょになって、床にカビが生えるので、何らかの対策をするわけですが、終わっ たあとにマットを干して、床を拭くという方式のうちもあるでしょうし、マットがびちょびちょにならないように、浴室内で体を拭いてから出る習慣のうちもあ るでしょう。

もっと小さなところでは、一人暮らしの男性は、脱いだものを放っておいても、洗濯するときに集めればいいので、あまり気にしないんですね。でも結婚して奥さんが洗濯するようになると、洗濯カゴにちゃんと入れておいてもらわないと、手間が増えるから腹が立つんですね。

また、トイレの便座を上げておかないで、という主張を女性から聞くことはあると思いますが、まあ、そんなことを言う女性も、フタはちゃんと閉めていなかったりして、単に自分の立場から主張しているだけだったりします。

大きなところでは、親戚との付き合い方がさっぱりしている都市部の家族と、親戚一同の行事がとても大事な田舎の方の家族では、「常識」が違っていることがあります。

但し・・・
たとえ、相手のやり方の方が不合理に見えても、相手の方式を否定するとケンカになります。


生活習慣の違いの場合、お互いに合意できるところをまず合意することをお勧めします。
たとえば、風呂マットの話なら、「床にカビが生えないように対策する必要性」については合意することができるはずですね。そして方法については、相手にキツク言うのではなく、どんな方法がベストか一緒に考えてゆけばよいのです。

大人だけの家族なら、個々人が気をつける方式、つまり浴室内で体を拭く方式が合理的でしょうし、元気いっぱいの子どもたちが何人もいる家だと、結局マットがびしょ濡れになるでしょうから、濡れたあと、後始末をする方式の方が合理的ですね。

常に正しい方式というものはないので、目的について合意して、方法については臨機応変に考えてゆけばよいのです。

その時に、彼女がやってきた方式を、頭ごなしに否定しないこと。
それが、大事なことです。

彼女が守ってきたことを、大切に扱ってください。

人は、否定されなければ、次第に、結局それだよね、という合理的な道を選んでゆくものですから。

彼女が大切にしているものを、大切にする2 に続きます。

 

「男性向きのアドバイス:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

【残りわずかです】パーソナルブランディングシート(恋愛編) ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/07/30 13:37)

★ルーク平野&平野みほこのセミナー動画プレゼント! ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/02/18 17:06)

「パートナーシップは暖炉のようなもの」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/11/22 09:35)

「男性が女性に対して感じている一番多い不満は?」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/11/14 13:24)