リピート率向上に必要な5つの要素 - 顧客分析・FSP - 専門家プロファイル

深井 貴明
商売設計株式会社 感性マーケッター | セールスコピーライター
広島県
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リピート率向上に必要な5つの要素

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 顧客分析・FSP

ほとんどの商売は、リピート販売なくして利益を得ることはできません。
リピートが儲けを大きく左右するのです。
お客様にリピートしていただくには、5つの要素を満たす必要があります。

 

1つ目は、商品にリピート性があること。または、商品数が多いこと。
これは絶対条件です。
商品がなければ、お客様はリピートすることができません。

 

2つ目は、購入した商品の満足度が高いことです。
商品に満足しなければ、お客様は商品をリピートしません。

 

3つ目は、電話応対や接客応対が良いことです。
応対が悪ければ、たとえ商品に満足していても、お客様はリピートしません。

 

1~3は当たり前のことです。
ここからが重要になります。

 

4つ目は初回購入後のフォローです。
顧客流出は、特に初回購入から2回目の購入の間で起きます。
新規客を流出させないために、1ヶ月以内に3回のフォローを行います。
1ヶ月以内に3回フォローするのと、一ヶ月以降にするのとでは、前者の方がリピート率は高くなります。

 

そして、5つ目は定期的なフォローと販促活動を行うことです。
具体的な方法としては、1ヶ月に一度ニュースレターと販促物を送ることです。
ニュースレターとは、会社の近況やお客様に役立つ情報を伝える情報誌です。
顧客との人間関係を育むことと、顧客の教育を目的としています。
リピートしてもらうには、継続的な関係性を育み、定期的に販促活動を行う必要があります。
待っているだけでは、注文はこないのです。

 

商品、品質、応対、初回フォロー、定期フォローにより、リピート率は決まります。
これのどれかが欠けても、リピートを促すことはできません。
リピート率が低いのであれば、5点のいずれかを改善する必要があるのです。

 

そのほかの、商売繁盛に役立つ話を読みたい方は、こちら

私のブログを読みたい方は、こちら

このコラムに類似したコラム

価値を高めると「欲しい」が高まり価格も高める事が出来る 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/07/28 06:00)

生活に余白を持とう! それが、あなたのビジネスを発展させます。 北村 卓 - マーケティングプランナー(2013/01/10 09:52)

戦略的に売上を強化する手法 その3 波田野 英嗣 - 経営コンサルタント(2012/10/16 15:23)

戦略的に売上を強化する手法 その3 波田野 英嗣 - 経営コンサルタント(2012/10/16 15:23)