相続税の大増税時代突入直前、まだ間に合う節税対策 - 相続税 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税の大増税時代突入直前、まだ間に合う節税対策

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 相続税
相続税

相続税の大増税時代突入直前、まだ間に合う節税対策

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

既に、このメルマガでもお伝えしていますが、平成23年度税制改正
大綱では相続税の税率構造の改正・基礎控除の引き下げなど相続税の
増税が記載されています。

いままで相続税の課税対象ではなかった方々で、税制改正後は
相続税の課税対象となるのは、6万人と推定されています。

そんな大増税時代を迎えていまからでも間に合う、簡単な相続税の
節税対策を二つご紹介いたします。

相続税を節税するには、相続税の課税対象となる財産の金額を減らすか、
評価額を下げるか、どちらかの方法しかありません。

まず、課税対象財産の金額を減らす方法のうち簡単にできる方法は、
『扶養義務のある親族間での、生活費や教育費などの資金負担をする』
と、いう方法です。

つまり、親が子の生活費や教育費の資金負担をすることについては
社会通念上妥当な金額であれば、贈与税の課税対象ということです。
これは、1年間に110万円を超えても課税されません。
国税庁のHPでも、『贈与税が課税されない場合』として
下記URLで紹介されていますので、内容をご確認ください

http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm

次に、相続税の課税対象となる財産の評価額を下げる方法で
意外と知られていない方法を紹介します。

小規模宅地の特例というのがあります。『小規模宅地の特例』そのものは
知られていますが、その正確な内容はあまり知られていません。

小規模宅地の特例が適用できるパターンの中で『家なき子』という
パターンがあります。これが意外と知られていないのです。

これは、亡くなった方の自宅の土地を持ち家の無い別居親族が相続した
場合には、その土地は240平方メートルまでは80%評価減できるという特例です。

例えば、最近は都市部の住宅街の独居老人が増加しています。
その場合、路線価の高い住宅街であれば相続財産となる自宅の土地の
評価額もかなり高い場合が多いようです。

そういう場合の相続税対策として、独立して生活している法定相続人
が持ち家の無い(つまり賃貸住宅)状態であれば、上記特例の適用
対象となることがあります。

詳細は、下記URLでご確認ください
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4608.htm

その他にも、相続税対策はいずれも適用要件が複雑なケースが多いです。
適用に当たっては、是非専門家に事前に相談してください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
  http://www.marlconsulting.com/
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi
  神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
 M&Aのご相談は、信頼と実績の桜橋監査法人
 http://www.sakurabashi-grp.com/
 中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【編集後記】
今年も東京マラソンの抽選にはずれたので、秋にある
大阪マラソンを目指そうと考えています。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html

 STUDIO TOKYO.COMのHP
 http://studio-tokyo.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「相続税」のコラム

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

相続時精算課税制度を活用した節税ネタです 近江 清秀 - 税理士(2011/10/01 08:25)

相続税は重く…優遇された贈与税は花盛り(前篇) 大泉 稔 - 研究員(2015/07/10 07:26)

【相続税対策】平成27年の改正の要点 大泉 稔 - 研究員(2015/07/06 21:57)

【上場株式を負担付き贈与で贈与する際の評価額】 近江 清秀 - 税理士(2014/09/01 07:00)