不動産探し成功のステップ3 「オーダーするという考え」 - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

リブインスタイル LIVE IN STYLE 代表取締役
不動産業、建築業
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産探し成功のステップ3 「オーダーするという考え」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

「オーダーという考え。」
 
良い不動産を購入したいのなら、少し考え方を柔軟にしてください。
 
「 不動産=探すもの
だけではない。
 
というお話を他のコラムでもさせていただき、オーダーすることの重要性をお伝えさせていただきました。
 
プロに依頼することにより、あなたの不動産探しは一気にレベルアップします。
 
ただし、本当に重要なのは要望を伝えることだけではありません。
 
 
最終的に家を決断する前に、オーダーをする時点で簡単な4つのことを決断しておかなくてはなりません。
 
決断1 住宅ローンの組み方、支払条件を決める
夢ばかり先行して計画のバランスを崩してしまう前に、現実問題となるお金の条件を決めておきましょう。
先にお金の条件を決めておくことにより、無理な買い物、後悔の残る買い物を防ぐことができます。
 

決断2 要望を決める
お金の話が済めば、夢と照らし合わせて具体的に実現できるかどうかを判断できます。
 
 
決断3 買うことを決める
「○○の支払いで、△△の条件をみたすものがあれば、買う。」
買うことを決めるというのは、こういうことです。
 
いくら不動産を見て比較して気に入った物件が見つかったとしても、買うことを決めていなければ、感情が行ったり来たりして迷いが生じます。
 
迷いが生じたお客様は、もっとたくさんの物件を見ないと満たされなくなり、たくさん見すぎて目が肥えて満たされることがなくなり・・・と。
 
これは、不動産の奴隷です。
 
 
決断4 パートナーを決める
 
オーダーをする相手が決まっていなければ、あなたの不動産探しはいつまでもフラフラと浮遊したままになります。
また、パートナーシップが結べたプロから提供される仕事は、とても価値のあるものになることは間違いありません。
もし、あなたのご主人(奥様)が、浮気者だったとしたら、相手に対して一生懸命にできますか?
不動産探しのパートナーシップも同じです。
 
 
私は思うのですが、スタートの時点でこの4つの決断をせずに不動産を見始める人は、感情の奴隷になっていると思います。
 
不動産の奴隷というお話もしましたが、不動産は、何のために買うのでしょうか?
利益を生むためですか?
幸せに暮らすためにですか?
 
損得を考えて不動産を探してフラついている人は、お金の奴隷です。
幸、不幸、心配、不安を考えて不動産を探してフラついている人は、感情の奴隷です。
 
感情がふらつくから後悔があるのです。
オーダーの時点で、4つの決断は非常に重要です。
4つの決断が出来てしまえば、あとは条件に合う不動産が目の前に現れることを待つだけです。
フラつく必要は一つもありません。
 
 
あなたは奴隷になりたかったのですか?主ですよね。

家の、主。


八千代市の不動産 リブインスタイル千葉
http://www.liveinstyle.jp/


ブログ
http://www.liveinstyle.jp/blog/

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(不動産業、建築業)
リブインスタイル LIVE IN STYLE 代表取締役

ワクワクする家探しをしましょう!

こんな暮らしをしたいという理想と限りある予算という現実を満足のいく形で繋いでいくプロのコーディネーターです。溢れ返るほどの情報の中で、今よりもっと豊かな気持ちになれるようなそんな住まいをいっしょに創造していけたらと思っています。

このコラムに類似したコラム

不動産購入を進められない、3つの理由とは? 近藤 崇 - 不動産業、建築業(2011/01/24 21:00)

不動産業者も見落とす、物件購入の落とし穴‐【21:角地緩和が使えない角地】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/12/08 16:04)

その住宅ローン払い続けられますか? 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2011/10/10 09:43)

不動産探し成功のステップ2 「3つの障害を取り除く」 近藤 崇 - 不動産業、建築業(2011/01/30 21:00)

任意売却ってなんですか? 山田 大史 - 代表サポーター(2016/08/02 10:35)