成功の理由   − 3:付加価値 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

谷口 浩一
株式会社チームデルタ 代表取締役
千葉県
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成功の理由   − 3:付加価値

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
サイトプロデュースの現場から
"− 2:確信"から少し時間が空いてしまいすみません。


日本人は、特定の食べ物にことのほかこだわりをもっています。
米、味噌、酒、蕎麦、水。。。

あなたにも1つくらいありませんか?
スーパーの4,5倍の価格であっても買ってしまうくらいのこだわりの逸品が!

スーパーでは高付加価値商品は売れません。
スーパーは値付けが大切な場所だからです。

リサーチの最初の段階で、

  ログ解析
  競合調査とテーマの洗い出し

は行っていました。
結果、集客するだけなら10万PV/月もビッグキーワードでの上位ヒットも容易なことでした。
でも、それではこの企業のブランド構築はできません。


  SEOは売るための理由

にはならないんです。
僕が頼りにしたのは唯一「舌が感じた一滴の価値」でした。

あまりに売れないと造り手は自信を失い、培ってきた技術や伝統にすら懐疑的になり、戦略にブレが生じ負のスパイラルに陥ることがあります。

受けつがれてきた誠実な努力を「信念と確信」へと昇華させるために必要なこと。
それは「第3者の評価」です。
それもオピニオンリーダー級の。

僕が最も戦略的に取組んだのがターゲットのドラスティックな変更でした。
付加価値の高い日本人好みの食品に喜んで4,5倍のお金を落とす顧客層。

  500mlのしょうゆ一本=280円

ではなく、

  人の手間が生み出す、わずかな「差」に価値を見出せる人

がこの企業の新たな顧客として必要でした。
価格を頼りにする人と独自の価値基準を持つ人。
その違いは??  その切り分け方法は??

その答は、意外と簡単に見つかりました(笑)。

  ともに一人の人が併せ持つ左右の横顔

だったんです。


では、ジキル博士にこちらを向いていただきましょうか。


参考:ホームページ訪問者の心理


ちば醤油株式会社


成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一