住宅ローンは年収の25%以内が理想なの? - フラット35 - 専門家プロファイル

株式会社アドキャスト 代表取締役
不動産コンサルタント
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンは年収の25%以内が理想なの?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. フラット35
不動産購入の基礎知識 無理のない資金計画

住宅ローンに関する書物を読むと、返済負担率は年収の25%以内が望ましいと言われています。
しかし、これは誰でもが当てはまる訳ではありません。
その根拠として、年収400万円の世帯と年収1000万円の世帯では、
この25%の定義は違いすぎるからです。

この考え方で言うと、年収に比例して生活費負担も同様に増加するという考え方ですが、
さまざまなお客様と接した結果、これが必ずしもイコールではないと感じています。

しかも、家計上の収支も各家庭によって異なります。
ご主人様のみ働いているのか? 共働きなのか?
お子様にはどのような教育を考えているのか?

例えば、お子様が通う学校が公立なのか、私立なのかによっても大きく異なります。
私立の場合は授業料の他、入学金や通学関係費の負担も大きくなるケースが多いです。
また、大学に進学した場合は文理系・医歯系・芸術系など、選択する学部によって授業料はかなり違ってきます。

つまり、この25%という定義は一つの目安でしかなく、各家庭ごとに検討していく必要があると私は考えています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「不動産購入の基礎知識」のコラム

このコラムに類似したコラム

「変動金利VS固定金利」どっちの方がメリットあるの? 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/13 12:46)

繰上返済の2つの方法 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/09 17:00)

住宅ローンの変動金利と固定金利、どちらがお勧め 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/17 10:00)

本当に恐ろしい話 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/17 10:00)

住宅ローンがずっしりのしかかる家計 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/03/02 11:00)