「店主」もウリの商品 - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

河野 祐治
株式会社 飲食店繁盛会 飲食プロデューサー
東京都
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
うえた さより
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「店主」もウリの商品

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

 

今日は、自宅近所(といっても、歩いて行く距離ではありませんが)で、

レバ刺しと串焼きが美味しいお店を発見。

(変わった組み合わせですけどね・・・笑)

 

そこそこ繁盛しているようでしたが、このお店もそうですが、

せっかくのカウンターが死んでいるお店が多いですね。

 

私は、よくコンサル先にも言うのですが、

カウンターがあるお店の場合、

カウンターから埋まっていくお店は強いですよね。

 

というか、個人店はカウンターから埋まるお店を

目指さないといけません。

 

でも、カウンターが物置状態になっていたり、

デシャップの上にお皿や一升瓶が並んでて、

カウンターに座ったお客様に威圧感を与えたり、

そもそも、コミニュケーションを遮断してるし。。。

 

そんなお店が多いです。

 

今は、お一人様ニーズが多いし、

お一人様の方が常連になりやすいということもあるのですが、

そもそも、商圏の狭い個人店の常連のお客様は、

単にお腹を満たすためだけに来るのではないですよね。

 

飲食店である以上、料理としてのウリはもちろん必要ですが、

狭い商圏で成立させなければならない個人のお店は、

プラス「人同士としてのつながり」が大事です。



つまり、「店主自身もウリの商品」であるべきなんです。

 

飲食プロデューサー、中小企業診断士

河野 祐治

 

このコラムに類似したコラム

パブリシティの正のスパイラル 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/10/07 08:45)

個人飲食店の最高の商品とは? 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/30 12:25)

借入れも好調なときに 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/02/06 08:52)

料理人に任せるリスク 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/02/05 14:20)

何てとんでもなく痛快な会社なんだ!! 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/01/23 11:14)