住宅再生1 - 老後の住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅再生1

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の住宅
●非常識な家の建て方教えます 背中を押して欲しい貴方へ

私は、大阪が通勤圏のニュータウン内に住んでいます。昭和40年代後半に造成されたニュータウンです。

当初から住まわれている方々は、もう既に子育てを終えられ仕事も第一線から退かれて、リタイア生活されている方が多く、こうなるとニュータウンと云う言葉の響きが嫌味にも聞えてきます。

仕事はリタイアしても、人生はリタイアする事が出来ませんので、これからの人生をより華やぎのあるものにしようと、皆さん地域活動に参加したり、趣味の世界に没頭したりしておられます。

これから我が家を拠点に、今までやりたくても出来なかった事を出来る環境になったのですが、我が家が思うに任せなくなってきています。

昭和40年代の家と云えば、小さくても個室がもてはやされた間取りです。まためったに使わない応接間が家の一番良い場所を占めています。台所の機能しか果たさないDKに申し訳程度の茶の間があってそこで一日の大半を過ごすことになります。

また、当時の家は省エネ性能なんて考えもしない家が殆どです。茶の間から一歩外に出ればそこは、家の外と同じ環境です。階段が急で部屋を仕切る敷居も高くいつ転倒事故が起るかわかりません。

耐震性能も現在の工法に比べ見劣りするものです。近々発生するであろう南海・東南海地震の備えもしなくてはなりません。シロアリの被害も深刻です。

そんな問題を抱えた家のままで、自分らしいライフスタイルを確立なんて出来ません。

と云っても、リタイア生活者の身、お金はあっても全て使い切ることは出来ません。必要には迫られていても建替え新築なんて望むべくもありません。

自分も家もこのまま老いて行くのを「世間同様」と諦めたまま何もせず終わらせて良いのでしょうか。なにか方法はないのでしょうか。実はあります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●非常識な家の建て方教えます」のコラム

4、大金を自分の為に使う(2008/12/03 16:12)

このコラムに類似したコラム

広い高齢者向け住宅 小木野 貴光 - 建築家(2013/04/10 22:35)

谷啓さんと福祉住環境 斉藤 進一 - 建築家(2010/09/22 01:06)

モノづくりとは、その人の生活環境から生まれ出るもモノです! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2010/07/22 00:00)

ハワイに良く似た湘南の夏は、とにかくゆる~い感覚! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2010/07/21 00:00)

人其々の幸せの在り方~感じ方! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2015/06/15 22:05)