国民年金保険料値下げ - 公的年金・年金手続 - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国民年金保険料値下げ

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 公的年金・年金手続
最近の出来事

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

 2011年4月から国民年金の月額保険料が今年度より80円下がり、1万5020円になることが決まりました。

 1961年(昭和36年)年に国民年金制度が始まって以来、保険料が下がるのは初めて。

 

 国民年金に加入している第1号被保険者(自営業や学生など)の保険料は、一律定額制となっています。この保険料は毎年4月に280円ずつ上がり、2017年(平成29年)4月以降は16,900円となって固定されることが決まっています。

 

 ただ、実際の上げ幅は賃金や物価の変動に応じて調整されるため、必ずしも280円ずつあがるわけではありません。

 つまり、今回の値下げは、長引く不況やデフレによって賃金や物価が下落したことが影響したということですね。

 

  一方厚生年金保険の保険料は、月収や賞与(ボーナス)に対して、保険料が決まります。

 こちらも保険料は毎年0.354%ずつ引き上げられ、2017年(平成29年)9月以降は18.3%となりますが、収入が大きく下がれば保険料も下がる仕組みのため、来年度も予定通りの引き上げのようです。

 

森久美子の提案する快適ライフ http://fpmori.com/

 

森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

 

このコラムに類似したコラム

平成24年度の年金額は0.3%引下げ、国民年金保険料は40円値下げ 服部 明美 - 社会保険労務士(2012/01/28 01:31)

自分年金は必須時代に「確定拠出年金」を理解しよう 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/04/07 17:36)

厚生年金保険料の引き上げ 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/01 14:00)

個人年金保険 金額設定の仕方 小川 和哉 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/30 22:23)

国民年金保険料の後納制度 藤本 厚二 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/27 15:44)