融資は、どうして断られたのか?把握してください! - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルタント 代表取締役
東京都
起業・資金調達・事業再生コンサルタント
03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

融資は、どうして断られたのか?把握してください!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
融資について全般

銀行や信金融資対策コンサルタントの銀行対策.com の渕本です。

良くあるご相談で・・・

「融資を断られたのですが、何か手立てはありませんか?」

というものがあります。

困ったことに、多くの場合、融資を断られた理由を把握していないことが多いのです。

人間に例えると・・・

どこから出血しているのか分からないままに、医者に輸血しろと言っていると同じです。

これでは、医者も困りますよね?

どこから出血しているのか?調べて、止血しながら輸血する必要があります。

出血しているところが分かれば・・・

「ここから出血しているので、止血して、輸血してください」

と言え、治療も早いですよね?

会社にとって、「お金」は血液です。

「お金」という血液が不足しているので、輸血=融資を申し込むのではありませんか?

人間と違うのは、出血を止める方法(赤字を解消する方法・資金流出をストップ)を考えるのは、医者ではなく、経営者であることです。

銀行や信金が出血を止める(赤字を解消する・資金の流出をストップする)ことはできません。

止血の方法(赤字解消・資金の流出のストップ)を提案することはできますが、実行するのは、経営者なのです!

銀行や信金が融資を断る理由の一番は・・・

経営者が出血原因(赤字原因・資金流出原因)に気が付いていない。

経営者が止血方法(赤字解消方法)をとっていない。

だから、輸血=融資をしてもダメだ・・・というのことが多いのです。

銀行や信金融資を受けるためには、まずは、どうして「お金」が足りなくなったのか?把握することが第一ですよ!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
株式会社FPコンサルタント 代表取締役

豊富な融資審査経験を有する資金繰りコンサルタントです!

元銀行融資審査役職者の資金繰り改善・銀行取引対策コンサルタント。起業段階から上場企業まで、豊富な融資審査経験あり。返済猶予(リスケ)による事業再生、債権回収業務も担当。中小企業の資金繰り支援で、より実践的なコンサルティングをしています。

03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「融資について全般」のコラム

このコラムに類似したコラム

不動産担保で融資枠が広がる? 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2011/08/19 00:40)

「 お金 」 の在庫がなくなってから、発注しますか? 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2011/07/11 13:33)

融資を増やすためには、どうしたら良いのか? 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2011/06/23 04:49)

借りれそうな金融機関を探す? 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2011/02/18 23:50)

信金や銀行からの「お願い商品」セールスには、注意しましょう! 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2011/02/02 02:59)