品質マネジメントシステムのベースを作りましょう! - ISO・規格認証全般 - 専門家プロファイル

前谷 加奈
ロジ共働促進株式会社 代表取締役
千葉県
ISOコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ISO・規格認証

人見 隆之
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
(ISOコンサルタント)
人見 隆之
(ISOコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

品質マネジメントシステムのベースを作りましょう!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ISO・規格認証
  3. ISO・規格認証全般
ISO関係全般 ISO9000s

 

ISOのシステム作りをしましょう、と前回述べました。

このISOのマネジメントシステム(シクミ)を作るにあたり、土台になる「品質マネジメント8原則」を理解しましょう。

============================

1.顧客重視

→「顧客主導型」ではなく、組織主導の“顧客重視”を行ないましょう。


2.リーダーシップ

→組織内は目標といったベクトルを一致させ、「依存型」ではなく、「自立型」の組織にし、リーダーはその役割を果たしましょう。

 

3.人々の参画

   →目標達成の為に、各人で自分が出来る事を考えましょう。


4.プロセスアプローチ

→組織の目標に向かい、運用・管理され望んでいる成果を出す為のアプローチ。


5.マネジメントへのシステムアプローチ

→「3」と「4」を組織でまとめた時のテーマを確認しましょう。組織の目標に達成しますか?

 

6.継続的改善

→常に「もっと良くならないか?」と考えましょう。


7.意思決定の事実に基づくアプローチ

→達成する為の目標は具体的且つ明確にしましょう。


8.供給者との相互関係

→「顧客満足」を常に目標と掲げて、活動していく事によってお客様と自社の両方の「価値」が向上するように活動しましょう。

============================


上記の8項目は、まさに企業経営において全項目がスパイラル化し企業の活性化に結びつく点です。

極論を述べると、この上記8原則を「ISO9001認証取得の為に絶対取り入れなさい」とはどこにも書かれていません。

 

しかし、取得後に「維持は大変だ」と一生懸命になっている企業様はこの原則のどこかに“ひずみ”が生じているはずです。その為に、何年かかっても、その手順書が定着しないのです。

 

既に取得済の企業様は再度、この項目が含まれているかを確認していただき検討されていらっしゃる企業様はまずは、「御社の土台」を一度確認してみる必要があります。

このコラムに類似したコラム

「日本の食品安全」の品質について考えてみよう!(中) 前谷 加奈 - ISOコンサルタント(2011/01/19 16:23)

現場に任せっぱなしではよくない 人見 隆之 - ISOコンサルタント(2010/09/17 21:11)

ぼくたちがつくったものは?---ある開発現場から 小林 和樹 - ISOコンサルタント(2012/02/21 19:04)

個人情報の取扱い、マネジメントシステム、情報セキュリティ 小林 和樹 - ISOコンサルタント(2012/02/14 19:47)

日本の食品安全」の品質について考えてみよう!(下) 前谷 加奈 - ISOコンサルタント(2011/01/21 16:10)