保険を見直すって…どう見直したらいいの? - 保険選び - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険を見直すって…どう見直したらいいの?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険 保険見直しポイント
最近、「生命保険を見直してみよう!」というフレーズをよく耳にしますよね。
私は結婚3年目(子なし)の専業主婦です。

つい最近加入したのですが、(ようやく)雑誌などを見ていると保険料は収入の8%くらいが目安とあります。
我が家は夫のお給料(手取り)が月19万円で民間の賃貸(マイホーム購入は予定なし)住まい。

加入した保険は
夫(31歳):
死亡700万(終身)60歳までは+500万で1200万もらえます。
→保険料183,298円(年払・60歳払済)

妻(32歳):
死亡200万(終身)
→保険料44,072円(年払・60歳払済)

医療保険(がん保険に医療を+した型)入院時5,000円(夫婦とも)
→保険料82,790円(年払・終身払・夫婦型)

なのですが、保険料が目安より高いなーと思っているのですが、
保障はこれ以上落とすのは無理な気も…。

アドバイスよろしくお願いします。

夫の死亡700万(終身)、妻の死亡200万(終身)を、今31歳で今の時期に加入は間違いです。

変動の保険でなければ、死ぬまで(約50年間)加入時の最低金利が維持されてしまいます。
保険の場合、この金利のことを予定利率と呼びます。

平成元年以前は5%前後あった予定利率が今は1%前後です。はっきり言って、最近加入されたのであれば、医療保険以外解約してしまって、お子さんが生まれてから加入検討されてよいのではないでしょうか。

私なら同じような保証内容で、保険料は半額以下のものに加入します。
その支払、ちょっと待って?! FPに相談だ。
無料のメールセミナーもお役立てください。