パワーハラスメントと転職 - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

新垣 覚
全力転職フォーラム 代表
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

パワーハラスメントと転職

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート

 

いつもありがとうございます。
全力転職フォーラム  
代表 転職★新垣覚
です。




こんな悩みがありました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

転職した会社で4ヶ月が経過したが
上司のパワハラがひどく、体調もくずし
辞めた。現在、就職活動中だが面接官に
この4ヶ月で辞めたことを訊かれて
何と答えていいか困っています。

28歳 男性

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




せっかく、転職した矢先にパワハラ・・・。
相当つらかったと思います。


しかし、4ヶ月で辞めたという事実は変わりません。




一般的に4ヶ月で会社を辞めるというのは
面接官からすれば非常に目につくところですし、
はっきりと理由を知りたくなると思います。




一般的な“逃げの口実”として
『家庭・家族の事情』というものがあります。


親が病気になったとか子供の問題で・・・
などありますが事実ならしょうがないですが



パワハラの件を伝えづらいために
家庭の事情というネタを持ち出すのは危険です。



面接官から見れば、“家庭の事情”をこの会社
でもいつ持ち出されて辞められると困るからです。



4ヶ月で辞めたことを説明するには




『当初聞いていた、たわたしが担当する業務内容が
実際は異なり、自分の専門性を生かしさらに向上
させる目標で転職したのだがそれができなくなり
お互いのメリットのために話し合いをして退職した』


など、 


○ 辞めたのは本意ではなく、むしろ辞めたくなかった

○ このような状態でフルに自分の能力が発揮できない
状態では会社にも迷惑をかけてしまう




ということをしっかりと自分の中で消化し
誠意をこめてハッキリとアピールすることです。




おじおじしたりするのは逆効果です。
事実は変えられないのですから、芝居を
する位の勇気と覚悟で挑んでください。



パワハラは会社側にとっては微妙な問題
です。ですからパワハラがあったから辞めたという
のは面接時には決して言わない方良いです。






『あなたの笑顔が絶えませんように!』
全力転職フォーラム
代表  転職★カチニスト  新垣 覚


このコラムに類似したコラム

内向的タイプの人の就職・転職第2回 上田 信一郎 - キャリアカウンセラー(2012/01/04 08:52)

内向的タイプの人の就職・転職 第1回 上田 信一郎 - キャリアカウンセラー(2012/01/04 08:47)

怒る上司の気持ちがわかるとき・・・ 新垣 覚 - 転職コンサルタント(2011/03/23 07:03)

スポーツカーを買うのは女性 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2016/08/22 20:00)